唯一同チームから2人選出の湘南、大誤審から反撃の狼煙となる一撃と劇的弾がランクイン

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルでは、17日から19日までの間に行われたJリーグの試合からスーパーゴールを厳選し、ランキング化した「週間トップ10ゴール」の映像を公開した。

 いずれも称賛に値するスーパーゴールリストアップされたなか、唯一同チームから2人選出されたのが湘南ベルマーレだ。浦和レッズの2点リードで迎えた前半31分、湘南MF杉岡大暉のシュートネットを揺らすもノーゴール判定となる誤審が生まれて世間の耳目を集めた。

 そのなかで反撃の狼煙となるMF菊池俊介の一撃が8位に選出。相手エリア前でボールを受けた菊池は反転すると同時に迷いなく左足を一閃。パスを受ける段階から左足を振り抜くまで、すべてイメージどおりとも言える流麗な動きから豪快なミドル弾を突き刺した。

 また2-2で迎えた後半アディショナルタイム、湘南DF山根視来が決めた劇的な決勝ゴールが5位。選手・スタッフサポーターたちの思いを乗せたような魂の一撃は、浦和DF阿部勇樹に当たるも、相手GK西川周作の頭上を越えてネットを揺らした。

 3位には17歳久保建英FC東京)の“股下弾”が選ばれている。北海道コンサドーレ札幌戦で1-0とリードしているなか、相手エリア内でボールを受けた久保はDF 福森晃斗と対峙したが、タイミングを外しながら左足を一閃。股下を通す巧みな一撃を放ち、GKク・ソンヨンの手をはじいて追加点を奪った。

ホーム初勝利をもたらした“ゴール右上弾”が2位、栄えある1位はドライブ回転ボレー弾

 2位は大阪ダービーで生まれた歓喜のゴールだ。直近7試合未勝利のガンバ大阪だったが、セレッソ大阪戦の後半10分にMF倉田秋が魅せた。相手エリア内で鋭いパスを受けた倉田は絶妙なトラップボールをピタリと止めると、ゴール右上に強烈な一撃を突き刺す。これが決勝弾となり、G大阪は今季ホーム初勝利を手にした。

 そして栄えある1位は名古屋グランパスMFマテウスの豪快弾だ。王者・川崎フロンターレの敵地に乗り込んだなか、前半45分にFWジョーが競ったこぼれ球にマテウスが反応。胸トラップコントロールすると、相手DFが寄せるなかでダイレクトボレーシュートを放つ。左足から放たれた強烈な一撃はドライブ気味の回転がかかり、ゴール右上隅に突き刺さった。

 返信欄では「全部すごい」「えぐすぎ」「やばい」と称賛の声が相次いだ。数多くのスーパーゴールが生まれたが、次節にはどんな形から歓喜の瞬間が訪れるのだろうか。

【一覧リストJリーグが選出した「週間トップ10ゴール

 Jリーグが選出した「週間トップ10ゴール」は以下のとおり。

10位 MF山田 陸(AC長野パルセイロ) vs福島ユナイテッドFC(2-1)
9位 MF三好康児(横浜F・マリノス) vsヴィッセル神戸(4-1)
8位 MF菊池俊介(湘南ベルマーレ) vs浦和レッズ(3-2)
7位 FWフェルナンジーニョ(ガイナーレ鳥取) vsロアッソ熊本(2-3)
6位 DF山根視来(湘南ベルマーレ) vs浦和レッズ(3-2)
5位 FWセルジーニョ(鹿島アントラーズ) vs松本山雅FC(5-0) 
4位 DF黒木晃平(ロアッソ熊本) vsガイナーレ鳥取(3-2)
3位 MF久保建英FC東京) vs北海道コンサドーレ札幌(2-0)
2位 MF倉田 秋(ガンバ大阪) vsセレッソ大阪(1-0)
1位 MFマテウス(名古屋グランパス) vs川崎フロンターレ(1-1)(Football ZONE web編集部)

(左から)山根視来、倉田秋、久保建英、マテウス【写真:Getty Images】