5月17日に結婚&妊娠を発表した川栄李奈が、5月21日に映画「泣くな赤鬼」(6月14日[金]公開)の完成披露舞台あいさつに登壇。結婚発表後、初の公の場となった。ほか、堤真一柳楽優弥、竜星涼、兼重淳監督が登場。

【写真を見る】ロングのワンピースドレス姿で登場した川栄李奈

同作品は、重松清の同名小説を実写化したもので、余命半年の元生徒と教師の心の交流を描く感動作。川栄は、“赤鬼先生”と呼ばれていた野球部監督・小渕(堤)のかつての教え子・ゴルゴこと斉藤智之(柳楽)の妻・雪乃を演じる。

登壇した川栄は「今日はお集まりいただきありがとうございます。この映画をひと足お先に見てもらうのをすごく楽しみにしています。短い時間ですが楽しんで帰ってください!」とあいさつ

その後、登壇者たちが作品について語る中、柳楽が「この業界に入る前から堤さんをドラマなどで見ていたので、10数年たって教師と先生という…。あ、先生と教師じゃない!」と“教師と生徒”を“教師と先生”と言い間違えてしまい赤面。

さらに、「ちょっと今、舞台の休演日で頭が(さえていない)…」とポツリこぼし、苦し紛れに「あの~、川栄さんおめでとうございます!」と祝福。

このホットワードには会場が沸き、客席から川栄に祝福の拍手が送られ、川栄本人も大笑いする中、堤が「ごまかすな!(笑)」と柳楽をツッコんで、笑いを誘っていた。

ほか、若者たちから寄せられた相談に答えるコーナーでは、中学1年生から「新しい友達(クラスメート)と仲良くなるこつを教えてください」という相談に、川栄は「え…。私、あんまり友達いないんで…。あんまり言えることないんですけど」と困惑しきりで、「堤さん…」と堤に返答を任せていた。(ザテレビジョン

結婚発表後、初めて公の場に登場した川栄李奈