阪神は連敗「3」で止める、巨人-DeNAは雨天中止

 セ・リーグは21日、2試合が行われ、広島、阪神がそれぞれ勝利した。ひたちなかで行われる予定だった巨人-DeNAは雨天中止となった。

 広島は三次での中日戦に3-2で勝利し、今季2度目の8連勝。ゲーム差なしで並んでいた巨人は試合がなかったため、ついに今季初の単独首位に浮上した。先発の野村が7回3安打無失点で3勝目(2敗)をマーク。5回に菊池涼のタイムリーで2点を挙げ、8回には押し出し四球で追加点を奪って3点差とした。9回には中崎が2点を失ったものの、最後は2死満塁のピンチで踏ん張り、何とか逃げ切った。中日は9回に意地を見せるもわずかに及ばず。大野雄は7回2失点と好投したが、援護がなかった。

 阪神はヤクルトに3-2で勝利し、連敗を「3」で止めた。先発の青柳が6回4安打1失点の好投で4勝目(3敗)。救援陣も能見、ジョンソン、ドリスとつないで逃げ切った。打線は初回に福留が先制打。同点に追いつかれたが4回には梅野、木浪のタイムリーで勝ち越した。ヤクルトは先発・原が6回3失点で4敗目(2勝)。打線は2点を追う7回に19歳の村上がリーグ3位タイに並ぶ12号ソロを放ったが、追いつくことはできず6連敗を喫した。(Full-Count編集部)

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】