21世紀最悪のワーストシーズンとなってしまったレアル・マドリー。今夏の移籍市場ではチーム刷新が断行されるとも伝えられている。

フランス代表DFラファエル・ヴァランも退団の噂があったが、本人がそれを否定した。

『Marca』のインタビューでこう述べたとのこと。

ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリーDF)

「自分は来シーズンも留まるつもりだ。僕らが強い姿勢で反応することを確信しているからね。

(今季は)戦ったし、頑張った。でも、何かのせいにはできない。困難な時にひらめきや活気が欠けていたことは事実さ。

自分も最高レベルになかった。でも、また最高のヴァランを見せるつもりだ。

僕らは進化しなければいけない。ジダンもそれを分かっているよ。

僕らは新たなサイクルをリスタートしようとしているので、再建して物事を変える必要がある」

【関連記事】相手DFの脅威となる5名の「超攻撃型」センターバック

先日、トーニ・クロースもレアルとも契約を延長した。今後のチームの動向が注目される。

ヴァラン「来季もレアルに残る」 と残留宣言!