●80’s・90’s向けの「MICHELIN MXV3-A」が最新技術で復刻

2019年5月、ミシュランタイヤからクラシックカータイヤの「MICHELIN MXV3-A」が発売されます。サイズは195/60R14 86V、195/65R14 89Vの2サイズで、価格はオープンライスです。

対応車種は、アルファ75、アウディ80、シトロエンBX、ホンダシビック1.6 DOHC、ホンダ・プレリュード2.0i 16S、日産パルサー1.8i 16V、三菱ギャラン2.0iなどとなっています。

詳細画像はこちら

ミシュランは、30年代から70年代の終わりまでに製造された多様な車種に装着可能なクラシックカー向けのタイヤを揃えています。1930年代タイヤをはじめ、Xシリーズ、XASシリーズ、XWXシリーズ、TRXシリーズVINTAGE TUBESがクラシックタイヤシリーズとして用意されています。

1992年日本国内で販売が開始された「MICHELIN MXV3-A」は、一般的にヤングタイマー世代(初年度登録より約15年〜30年を迎える1980年代1990年代前半に販売された車両)と呼ばれる当時のハイパフォーマンスラグジュアリーカー向けに開発されました。

詳細画像はこちら

優れた操縦安定性とウェット性能を備えながら、スポーティさと快適性という異なるニーズをひとつのタイヤに集約されているのが特徴でした。
今回、当時の開発コンセプトと外観はそのままにミシュランの最新技術を投入することで、装着車両はもちろん、現代の路面環境に最適化された新たなクラシックタイヤとしてラインナップされます。

日本ミシュランタイヤクラシックタイヤを担当する鈴木義子氏は「ここ数年、海外を含め日本においてもクラシックカーへの人気が高まっている傾向にあり、外観含め当時の車両本来の乗り味を楽しみたいという要望を多くいただきます。ミシュランではそうしたユーザーニーズにお応えできるタイヤを提供することで、より多くのクラシックカーファンに走る楽しさと安全を提供できると考えています」とコメントしています。

(塚田勝弘)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

プレリュード、アルファ75など1980年〜90年代のヤングタイマー世代に対応する「MICHELIN MXV3-A」(http://clicccar.com/2019/05/22/820613/)