世界各国の学校には様々な制服があり、他の国でどのような制服が着られているかは多少興味が湧くのではないだろうか。中国と日本でも学校の制服は大きく異なるが、中国メディアの捜狐は17日、「日本の女子学生に中国の制服を見せて着用してもらった時の女子学生たちの感想」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、「中国の学校の制服は伝統あるものだが、多くの学生は制服を着ることを嫌がっている」と指摘。学校によって多少デザインは異なるが、中国の学校は基本的には「ジャージ」が制服となっていて、ブレザーの制服を採用している学校もあるにはあるが非常に少ないのが現状だ。

 中国人のなかには日本のアニメドラマを通して、日本の学生が着る制服を目にしたことのある人もいて、中国と日本で制服が大きく異なることは知られている。しかし、今回は逆に「中国の制服を日本の女子学生に見せ、実際に着てもらった感想」を取材した。

 日本人女子高生に中国の制服を見せると、共通して「体育の時に着るジャージと同じ」と反応し、見た目は馴染みのあるものだったようだと紹介。しかし、通学や通常の授業の際も着る制服としては「着るのが恥ずかしい」とし、着用した際も表情を曇らせていたと伝え、「女子学生の反応はショックだった」と伝えた。

 続けて、日本の女子高生が着ている制服について「学校指定の制服であり、学校によってはバリエーションがあるので毎日組み合わせを変えて着ることができる場合もある」と紹介。取材を通じて「日本の女子高生たちは自分たちの制服を非常に気に入っており、自分たちの制服を着用している時の表情が一番自信をもった笑顔だった」と伝えた。

 中国の学生が皆ジャージの制服に対して否定的なわけではないが、中国ネット上では「制服がダサすぎて学校には良い思い出がない」といった声があるのも事実だ。「着るのが恥ずかしい」などの日本人学生の感想を知ったら、中国人学生たちがどのような反応をするのか少し気になるところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国の学校の制服はジャージが定番、日本の女子学生の評価を聞いてショック=中国メディア