常夏の島というイメージの強いハワイですが実際には夏と冬という2つの季節があって、冬だからこそのイベントや魅力のあるアクティビティが行われています。

そこで今回は冬のハワイを初めて訪れる人たちにお勧めの楽しみ方を紹介します。

ホエールウォッチング





冬のハワイを訪れるのならぜひ体験してほしいのがホエールウォッチングです。

ハワイ沿岸で見ることができるのは「ザトウクジラ」で、彼らは毎年12月から3月頃にかけ、回遊しているアラスカなどの北太平洋から繁殖のためにハワイ周辺の海にやってきて出産や育児を行います。



ハワイでホエールウォッチングといえばマウイ島が有名ですが、これはマウイ周辺の海域が海も浅いうえ外敵も少なく安全なため、子育てするのに適しているからといわれています。



もちろんオアフ島でもクジラを見ることができます。特にマカプウ岬の沖はクジラの保護区域となっていることから多くのクジラが訪れ、オアフ島のホエールウォッチングスポットとして人気の場所です。

また、ディナークルーズが人気の「スターオブ・ホノルル」でもホエールウォッチング・クルーズが開催されています。

このツアーではクジラを見るだけではなく専門家からその生態を学ぶこともでき、レイメイキングなどの体験ができるコースや、朝食やランチなどがセットになったコースなども用意されています。

クルーズ中にクジラに会えなかった時でも、後日利用できる無料乗船券の「ホエールチェック」がプレゼントされるので安心です。


南国のイルミネーション


南国のハワイでもクリスマスシーズン12月から正月までの期間、美しいイルミネーションを楽しむことができます。

ワイキキからアクセスのよいダウンタウンでは、市庁舎を中心にクリスマスシーズンメインイベントホノルル・シティ・ライツ」が開催されます。

このエリアにある歴史的な建物はイルミネーションやクリスマスデコレーションで彩られ、高さ約20mもあるツリーやサンタクロースとミセスクロースの巨大なデコレーションは必見です。

この時期、ワイキキ・トロリーでは「ホリデーライトツアー」がおこなわれます。これはダウンタウンへ向かう車両に特別なクリスマスデコレーションを施し、車内ではクリスマスミュージックをかけて運行されるもので、ハワイのホリデー気分を満喫できます。事前予約も行われているので利用してみてはいかがでしょう。

オアフ島の各地にあるショッピングセンターホテルにもクリスマスツリーが設置され、特にワイキキではそれぞれのホテルがロビーに趣向を懲らしたツリーを飾ったりデコレーションを施したりして、美しさを競います。この豪華なツリーやデコレーションをみて歩くのもワイキキならではのホリデーシーズンの楽しみ方のひとつです。




サンライズが美しいダイヤモンドヘッドハイキング





ダイヤモンドヘッドはワイキキの東に位置する、ハワイを象徴するクレーターです。ロコからはマグロの頭を意味するハワイ語「レアヒ」と呼ばれていましたが、イギリスの船員が山の斜面にキラキラと輝く方解石をダイヤモンドと勘違いしたことから「ダイヤモンドヘッド」と呼ばれるようになり、これをハワイ語で直訳した「カイマナ・ヒラ」というタイトルハワイアンソングも歌われました。



大戦中には軍事用の監視施設も整備されましたが、当時整備された山頂までの登山路は現在ハイキングコースとして多くの人々が訪れ、頂上からはワイキキの街並みやワイキキビーチはもちろん、カハラエリアまで360度の絶景が楽しめる人気の観光スポットとなっています。

このハイキングコースは一年を通して毎朝6時にオープンしますが、夏場は6時頃の日の出が冬場には1時間ほど遅くなるため、45分ほどかけて登るとちょうど頂上で日の出を迎えることができます。



日の出前にはまだ街灯りの残るワイキキの街が、やがて朝日に照らし出されていくサンライズは感動の美しさ!この美しい日の出をみようとする登山者でハイキングコースが渋滞し、ハイキングスタートが遅れると頂上までたどり着けないこともあり注意が必要ですが、この時期にオアフ島を訪れるならオープン直後のダイヤモンドヘッド山頂はぜひ訪れてほしいスポットの一つです。



ノースショアのビッグウェーブとサーフィン大会





11月になるとノースショアに押し寄せる大波は冬のハワイ風物詩といえるでしょう。この大波が生まれるのは次のような仕組みによります。

この時期シベリアからの寒気が日本の東沖合へ吹き込んで海上の暖かい空気とぶつかり、頻繁に低気圧が発生します。この低気圧が台風並みの勢力に発達すると風が低気圧の中心に向けて吹き込み、強いうねりが発生します。このうねりが遮るものの無い太平洋を渡りハワイまで到達すると10メートルから20メートルほどの高さの大波となり、時には20メートルを超える「ジョーズ」と呼ばれる大波がノースショアの海岸線に押し寄せるのです。この波を目当てに世界中から腕に自信のあるトップサーファー達がノースショアを訪れます。



また、数多くのサーフィン大会が開催され、中でも「トリプル・クラウン」や、20フィート(約6.2メートル)以上の波がないと開催されない「THE EDDIE」は格式の高い大会です。「THE EDDIE」は2018-2019シーズンからスポンサーも新たに、正式名称を「Eddie Aikau Big Wave Invitational」として開催されます。





この季節にしか見ることのできないビックウェーブと、そこに挑んでゆくサーファーの勇姿を冬のノースショアでぜひ体感してみませんか。


常夏の島といわれるだけに「冬のハワイはちょっと」という印象があったのではないでしょうか。

しかしご紹介したように冬だけにしか楽しむことができないハワイもあることがわかって頂けたと思います。観光客も夏に比べて少なくなるハワイをぜひ満喫してくださいね
初めてのハワイ冬のオアフの楽しみ方4選