4コマ漫画家の荻野眞弓さんは、現在休業して4人の子育てに奮闘中。そんなある日、1歳の次男がゴミ箱を漁って遊び出したことに悩んでいました。

【その他の画像】漫画:子どもたちの反応

 開けると恐ろしいものが出てくる仕掛けがあれば、ゴミ箱を開けなくなるかも? そう思った荻野さんはフタの裏に般若の画像を貼ってみることに。……そんな怖いことして大丈夫かな?

 結果はというと、ゴミ箱を開けた次男にひるんだ様子はなく、いつも通り嬉々として遊んでいました。長男(9歳)と次女(3歳)も般若を怖がらず、結局兄弟で長女(11歳)だけがたいそう驚くことになってしまいました。かわいそうに……。

 その後画像をピエロペニーワイズに変えてみたところ、般若には耐えた長男と次女も怖がったようで、ゴミ箱をやたらに開けなくなったとのこと。荻野さんは、「1歳にはまだ『恐怖』の概念が分からないのかな?」と、一連の出来事を振り返っています。

 「かわいそうだけど笑ってしまう」「参考になる」「断乳のため、おっぱいに顔描いたことを思い出した」など、ツイートにはさまざまな反応が。ただ、トラウマになる可能性を心配する声も多いので、ほどほどにしたほうがよさそうです。

画像提供:荻野眞弓(@mymejp)さん

ゴミ箱の裏に般若の画像をペタリ