この度、日本公認会計士協会は、以下のとおり京都市でシンポジウムを開催いたします。

○ 日時・場所 2019年6月21日(金)10:00~12:15 於:京都ホテルオークラ(暁雲)
○ テーマ -SDGs先進都市 京都で考える-持続可能な社会構築と専門家の役割
○ プログラム概要
 - 基調講演 藤田 裕之 様(レジリエント・シティ京都市統括監)
 - 日本公認会計士協会の取組の報告 北澄 和也(協会常務理事)
 - パネルディスカッション
 〔パネリスト
  ・ 川勝 哲夫 様 (京都中央信用金庫 専務理事)
  ・ 澤田 潤一 様 ((公財)日本生産性本部 業務執行理事)
  ・ 藤田 裕之 様 (レジリエント・シティ京都市統括監)
  ・ 諸富 徹  様 (京都大学大学院教授)
  ・ 関根 愛子   (協会会長)
○参加無料、事前登録制

人口減少や地方都市の衰退など我が国が直面している課題、SDGsの達成に専門家としてどのような貢献ができるか。「全国市区サステナブル度・SDGs先進度調査」において首位にランクされ、また、気候変動に関する国際的な枠組みの議論の舞台としても著名な京都市で、専門家が果たすべき役割について有識者と意見交換を行い、議論を深めていきたいと考えています。
 地方創生や都市再生に関心のある方、専門家との協働・活用に関心のある方、SDGsに取り組む企業・行政に所属する方、専門家を目指す学生など、たくさんの方々のご参加をお待ちしています。

詳細・申込み: https://jicpa.or.jp/news/information/2019/20190513iwj.html
会計士協会 京都シンポ 』で検索

問合せ:日本公認会計士協会 企画本部 京都シンポジウム担当

    kyoto621@sec.jicpa.or.jp   TEL03-3515-1146   

配信元企業:日本公認会計士協会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ