Image: AlexandraPopova/Shutterstock

フォロー外す。友達から削除。ブロック。消去。消去。消去…。

SNSを長くやっていると、ふと思うことありませんか? あぁ、最初からすべてやり直したい!って。そもそも、メジャーサービスTwitterツイッター)やFacebookフェイスブック)に最初に登録したのっていつですか? もう10年ほど前って人も少なくないはず。

10年たてば、個人の環境、人間関係が変わるのはもちろん、サービスだって機能やセキュリティ、ポリシーが変わって当然。しかし、薄れる記憶とは違い、インターネットには10年分の発言、画像、位置情報、人間関係が残っています。遡ってみようと思えば見ることが・見られることがある。そう考えるとふと怖くなりますね。

アカウント削除じゃなくて、やり直したい

SNSでのアクティビティあれこれを、いっそ全部消してしまいたい!と思ったらどうすればいいか。まずは、手動で1つ1つぽちぽちポチポチ根気よく消していくという方法。もう1つは、TweetDeleteなどのサードパーティサービスや、ネットに転がっているスクリプトを利用し、リスクには目をつむり性善説だけを信じてえいっと丸投げする方法。どちらも最善策とは言い難い方法です。

そもそも、データ収集を行なうサービスなら、1クリックデータ全消しできる機能ユーザーに提供されていてもいいのでは? それがないのは、ユーザー情報を利用・売買することでビジネスを行なう運営側の都合。たとえば、GoogleFacebookTwitterの3つならば、Googleがもっともユーザーデータ消去のオプションを提供してはいますが、それもユーザーの満足がいくレベルとはいえません。

いやいやそんなことしなくても、TwitterFacebookにはアカウント削除機能がありますよ?という人、そうじゃないんです。アカウントを消したいわけじゃないのです。SNSは続けたい。アカウントはそのままで、ただもう1度まっさらな状態から始めたいという話。だから欲しい機能は「最初からやり直す」というオプション

簡単にやめられないからこそリセット

Facebookで大規模ユーザー情報漏えいがあった時、多くの人は「アカウントを削除すべき」とコメントしていました。が、いまの世の中、SNSってそんなに簡単に切り捨てられるものではありませんSNSは家族や友人と連絡をとる手段でもあり、データ消し=アカウント削除は本望ではないのです。

たとえ地道に消去作業を行なったとしても、難しいのはやっぱり人間関係。10年の間に積もり積もったSNS友人を整理しようとしても、多くの人はブロック・フォロー外しをポジティブに捉えてはくれません。された側は、やはりいい気持ちはしないでしょう。そんなことおかまいなしにクリックし続けられるメンタルの強い人ならば、そもそも最初からSNS整理したいなんて悩みはないでしょうしさ。

だから欲しいんですって。「最初からぜーーんぶやり直す!」という機能がさ。