sayonarakuchibiru-cd_main
5月31日(金)に全国公開される映画『さよならくちびる』にて、人気ギター・デュオの“ハルレオ”を演じた小松菜門脇麦が待望のデビューCDを、本日22日(水)に発売することに。

公開直前イベントがタワーレコード渋谷店にて開催

今回、人気ギター・デュオの“ハルレオ”を演じた小松菜奈・門脇麦、付き人兼ローディのシマを演じた成田凌が登壇した公開直前イベントタワーレコード渋谷店で行われた。会場には、劇中デュオ“ハルレオ”のデビューCD、「さよならくちびる」を購入予約者から抽選で当選した、約150人の観客が集結。 当選者にはイベント後に行われる、小松と門脇によるポストカードお渡し会への参加券が入手できることもあり、イベント解禁と同時に店舗の電話回線が埋まり、即座に参加券配布終了となるほどの人気ぶりをみせた。 本作が歌唱演技初となる小松はもちろん、門脇も今回が初のCDデビューとなる。MCから今の心境について問われた門脇が、「本当に素敵な楽曲なので、たくさんの方に聴いていただけるのがすごく嬉しいよね」と小松に語り掛けると、小松も「配信が多くなってきている今の時代、CDというのがまた嬉しいですね」とニッコリ。「ドキドキよりも嬉しい気持ちの方が強いですね」と語る門脇の横で小松も頷いていた。 sayonarakuchibiru-cd_1 “ハルレオ”を支える付き人・シマに扮した成田凌は、そんな“コンビ感”健在な二人の様子に、「二人が揃うとこんな空気になるんですよね。現場ではあまり言わなかったですけれど、存在してくれてありがとうございますって感じです(笑)」と、劇中同様“マネージャー感”溢れる目線でコメントし、場内の笑いを誘った。 sayonarakuchibiru-cd_6

本映画の音楽を担ったのは秦基博とあいみょん

青春音楽ロードムービーとなる本作だが、最も重要な要素となる音楽を担ったのは、秦基博あいみょんの豪華アーティスト陣。映画タイトルでもある主題歌「さよならくちびる」の作詞・作曲、プロデュース秦基博が、挿入歌2曲「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」の作詞・作曲をあいみょんが担当しており、キャスト陣は秦基博あいみょんそれぞれと実際に会う機会もあったという。 門脇は「あいみょんさんは撮影現場に来てくださって、秦さんは先日の完成披露の時もゲストで登壇してくださったり……。映画のプロモーションに入ってからの方がお話しする機会が増えた感じがします。色々お話しさせていただいて、“そういう気持ちでこの曲を作ってくださっていたんだ”というのを知れたりしたのも、良かったですね」と振り返った。一方小松も「秦さんはレコーディングの時もお会いしましたが、本当に優しかったです」と撮影当時を懐かしんでいた。本日発売のCDはもちろん、31日の映画公開も楽しみだ。 sayonarakuchibiru-cd_4 sayonarakuchibiru-cd_5 sayonarakuchibiru-cd_3

RELEASE INFORMATION

さよならくちびる

2019年5月22日(水)  ハルレオ ¥1,200(+tax) 【CD収録内容】 M1. さよならくちびる M2. 誰にだって訳がある M3. たちまち嵐 M4. さよならくちびる −映画ver.− 詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.