首振りDollsニューアルバムアリス』(5月22日発売)から、リード曲「黒い太陽」のミュージックビデオが公開された。今作は、新メンバーショーンホラーショー(Ba)を迎えて初のフルアルバムとなる。以下に、ライター武市尚子氏によるレビューを掲載する。


ナオ(Dr,Vo)、ジョニーダイアモンド(G,Cho)を中心に北九州・小倉で結成された首振りDolls。地元である福岡のめんたいロックシーンを愛し、60年代70年代パンクシーンハードロックシーンを貪り聴き、その憧れを自らの音とし、それを個性に変え、ナオとジョニーは首振りDollsを名乗る様になった。

“最近の流行りのロックにはなりたくないという想いがあって、自分たちのルーツを大事にずっとやってきた”と語る彼らの音はどこか懐かしく、いなたい。

混じりっけのないロックンロールを叫び続け、昨年4月に『ミッドナイトランブラー〜真夜中の徘徊者〜』でキングレコードからメジャーデビューした彼らの音に、多くのアーティストや音楽関係者は飛びついた。

やはり彼らの放つ“往年のロックを彷彿させる個性”に引き寄せられたのだ。
生粋のロック好き、往年のロック好きが唸る“琴線に触れる音”が彼ら首振りDollsの魅力。それこそが首振りDollsであった。

しかし。そんな首振りDollsの音に変化が起こった。

それこそは、ショーンホラーショー(B)の加入だった。
ファンクミクスチャールーツとする彼のアタック感の強いリズミックなベースプレイは、“琴線に触れる音”に新たな風を吹き込んだのだ。
2019年1月5日デビュー戦。
ナオ、ジョニーダイアモンドショーンホラーショーからなる3ピースロックンロールバンドニュー首振りDollsの誕生だ。
初めて音を合わせた日から、ニュー首振りDolls初となるアルバムアリス』が誕生するまでに時間はかからなかった。
まさに、運命を感じずにはいられない。

5月22日リリースされたニューアルバムアリス』は、ロックシーンに一石を投じる意欲作に仕上がった。

そして今。現時点での最高傑作『アリス』のリード曲「黒い太陽」のMVが出来上がった。
メンバーでの初のMVは、これまでにない首振りDollsリズムの曲。
首振りDollsの新境地。
クールかつ眩しいこの世界は、この先の彼らの未来を示す景色。
首振りDolls第2章。ここから――――。

文=武市尚子

 

首振りDolls:L⇒R ショーン・ホラーショー(Ba)、ナオ(Dr,Vo)、ジョニー・ダイアモンド(Gt,Vo)