中国人が日本を訪れる場合は団体旅行や個人旅行に関係なく、必ずビザが必要になるが、近年は個人旅行のためのビザ取得条件が徐々に緩和されていて、個人旅行で日本を訪れやすくなっている。団体旅行であれば、旅行会社が用意したバスなどで移動することになるが、個人で日本を訪れた際には宿泊施設から交通手段に至るまで、すべてを自分で手配する必要がある。

 個人ビザで訪日した中国人は電車や地下鉄などの公共交通機関を利用して移動することになるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の電車に乗車する際には気をつけるべきマナーがある」ことを紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、東京などの都市部では電車や地下鉄が非常に発達しているため、旅行会社がバスを用意してくれなくても十分便利に移動が可能だと紹介した。一方で、日本では電車や地下鉄の切符の購入方法や乗車の仕方は中国と異なっている点も多いと指摘し、たとえば日本では駅舎に入る際に持ち物をX線検査で調べられることはないと伝えた。

 ほかにも、日本人は他人に迷惑を掛けることを嫌い、同時に迷惑をかけられることも嫌うため、電車を利用する際に守らなければならない「マナー」があると論じた。記事は、「席を占領する行為」や「何かを食べる行為」、「化粧をすること」、「ドア付近に居座ること」、「大声で話をすること」などはマナー違反になるので気をつけるべきだと指摘した。

 日本人もこうしたマナーを守らない人が存在するが、中国人はさらに注意が必要だろう。中国では高速鉄道地下鉄路線バスが交通手段として利用されているが、マナーを守って利用している人は少数派だからだ。日本を訪れる前にある程度理解しておけば、恥ずかしい思いをすることなく旅行を楽しむことが出来るだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本の公共交通機関のマナー、中国とは違うから「訪日時は気をつけて」=中国メディア