KDDIソフトバンク5月22日、5月下旬に予定していた中国Huawei製の新型スマートフォンの発売を延期すると発表した。NTTドコモも今夏に発売を予定していた新製品の予約受付を停止した。

【その他の画像】

 KDDIは、2019年モデルとして用意していた「HUAWEI P30 lite Premium」の発売時期を5月下旬から時期未定に変更。同社はITmedia NEWSの取材に対し、「現在、Huawei製品に関するドナルド・トランプ大統領の発言や、Googleの対応などの事実確認中で、製品の発売に関して判断ができていない状況。総合的に判断して発売延期を発表した」とした。

 ソフトバンクも「Y!Mobileブランドから「HUAWEI P30 lite」を24日に発売する予定だったが、延期すると発表。同社は「HUAWEI P30 liteが安心して提供できる状況か、また販売による影響を確認中であり、発売延期を発表した。発売時期は未定」とした。

 ドコモは「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を今夏に発売する予定で、22日午後1時時点では「発売延期発売中止を検討中」としていたが、22日午後5時過ぎに予約受付を停止すると発表した。

 米商務省は15日(現地時間)、Huaweiとその関連企業70社を「エンティティリスト」に追加すると発表。Huaweiは米政府の許可がなければ米国からの部品調達ができなくなる。米Googleや米Intelは、Huaweiと取引停止することを決定したとも報道されている。

 エンティティリストとは、大量破壊兵器拡散の懸念や米国の安全保障・外交政策上の利益に反する顧客等のリストを指す。

【追記:2019年5月22日午後6時30分 ドコモが同日午後5時過ぎに、HUAWEI P30 Pro HW-02Lの予約受付を停止すると発表したため追記しました。】