第3打席で3試合12打席ぶりとなる右前打を放ち自己最長タイの9試合連続出場

ツインズ 8-3 エンゼルス(日本時間22日・アナハイム

 エンゼルス大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で8試合連続でスタメン出場。第3打席で3試合、12打席ぶりとなる右前打を放ち自己最長タイの9試合連続出塁。前日に右手薬指に投球直撃も志願の出場で4打数1安打と意地を見せた。試合後は「状態は悪くないですし、ほぼ問題なくできた」と患部が軽症だったことを語った。

 前夜の負傷にも負けじと大谷が快音を響かせた。6回の第3打席で初球の87.9マイル(約141キロ)のチェンジアップを捉え12打席ぶりの安打となる右前打を放ち自己最長の9試合連続出塁をマーク。志願の出場でこの日は4打数1安打と気を吐いた。

 試合後に取材に応じた大谷は「骨折はしてなかったので、腫れも思ったほど少なかったので振れる状況だった」と、右手の状態を説明。この日は4打席に立ち幹部の状態に関しては「状態は悪くないですし、ほぼ問題なくできた」と語った。(Full-Count編集部)

本拠地でのツインズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】