2019年5月12日(日)、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて、TVアニメ胡蝶綺 ~若き信長~」の「織田信長生誕祭!公式Twitterフォロワー限定先行上映イベント」が開催されました。7月からの放送&配信開始に先駆け、第1話の先行上映のほか、イベント内で初解禁となった第2弾PVの上映、織田信長役の小林裕介さん、織田信勝役の石川界人さん、帰蝶役の花守ゆみりさん3名のキャストによるトークショーが行われました。

「胡蝶綺 ~若き信長~ 織田信長生誕祭!公式Twitterフォロワー限定先行上映イベント」の様子

イベント内にて初解禁となった第2弾PV上映とともにイベントスタート。小林さんの「出撃!」の掛け声と共に会場後方の扉からキャストが登場し、観客から黄色い歓声が沸きました! 小林さんが司会進行を務め、それぞれの挨拶の後、第1話の上映を行いました。

第1話は主人公「信長」の幼少期を描いたストーリー。上映後、小林さん、石川さん、花守さんが再び登壇。早速上映後の感想を聞いていくと、第1話に出演のない石川さんから「何故ここに呼ばれたのか」とのツッコミが。同じく第1話は語り役での出演の花守さんからも「語れることは何もない」とコメントがあり、会場が笑いに包まれました。

続くキャラクター紹介コーナーでは、各キャラクターに対する印象・思い出が語られました。「織田信長」紹介パートでは鬼神・冷酷といったよくある信長ではなく、繊細な心を持った信長をイメージして演じたと小林さん。方言にも苦しめられ、感じたままに演じた模様。

また、第1話で出番のなかった「織田信勝」と「帰蝶」については、特別に抜粋シーンを準備。キャストと一緒に視聴後、それぞれのキャラクターのお話に。「織田信勝」のような繊細そうなキャラクターはあまり演じたことがなく難しいと石川さん。ネタバレのためあまり語れることが無いなか、言えることは"闇落ち"がキーワードとのこと。「真骨頂を出していこうと思っているので、僕の"闇"をお楽しみに」とコメントされました。

続く「帰蝶」の紹介では花守さんが「秘密があるキャラクターのため現時点では語れることが少ない。ただ、話が進む中で秘密が明らかになっていき、どんどんドキドキしていけるキャラクターだと思います。」とコメント。帰蝶の紹介が終わったところで今の時点で語る事の出来る情報が少ない石川さん・花守さんから、「何故今日呼ばれたのか」、「反省しろ!!」と再びツッコミがあると、会場から笑いが起こりました。

その他のキャラクター紹介パートでは信長の教育係「沢彦宗恩」について小林さんが「悪役っぽい!一筋縄でいかなそうな見た目。CV立花さんだし……」と言うと、「ラスボスですね。」と石川さんもコメント。気になるキャラクターについて花守さんに伺うと、信長の家臣の一人「前田利家」が「めちゃくちゃ可愛い、弟に欲しい」とのこと。今回紹介したキャラクター以外にも、本作にはさまざまなキャラクターが登場していきますのでお楽しみに。

告知コーナーでは突然のスペシャル告知! コミカライズ化&ビジュアルノベル化決定の特報が流れました。さらに、6月23日に「織田信長生誕祭第二弾」の開催も発表され、会場からは喜びの声が上がりました。盛り上がってきた「胡蝶綺 ~若き信長~」先行上映イベントも終盤となったところで、登壇キャストそれぞれから本日の感想をいただき、終演となりました。

胡蝶綺 ~若き信長~」は7月よりTOKYO MXAT-XWOWOWBSフジにて放送、dアニメストア他にて配信開始となります。

あらすじ

明日をも知れぬ戦国の時代を駆け抜けた織田信長。彼の元には常に乳兄弟であった池田恒興が控えていた。ただ生き残るために、ひたすらにあがき続ける。史実を点として押さえつつ、信長を中心としたキャラクターたちが、それを乗り越え新たな物語を紡ぎだしていく。(WebNewtype

写真左より、帰蝶役の花守ゆみりさん、織田信長役の小林裕介さん、織田信勝役の石川界人さん