オリジナル劇場アニメきみと、波にのれたら」の本編映像が公開されました。映像は、のちに海難事故で命を落としてしまう消防士・港とサーファーの大学生・ひな子のかけがえのない日々を切り取ったもの。その"ラブラブっぷり"を爆発級に加速させているのが、港役・片寄涼太さんとひな子役・川栄李奈さんが歌う主題歌「Brand New Story」です。

劇場アニメ「きみと、波にのれたら」本編映像より

この曲は元々お二人が別々に収録をする予定でしたが「2人で歌った方がいい空気感になるのでは」という片寄さんのアイディアが実現し、片寄さんと川栄さんがいっしょに収録をすることに。ところどころで照れ笑いをしてしまったり、完璧すぎないメロディだったりという、現場の空気感がそのまま伝わってくるような歌に、湯浅政明監督も「いい意味で生っぽい、幸せな恋人同士が本当に楽しそうに歌っている場面になっている」と大絶賛したとのことです。

「したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った」と語る湯浅監督による青春ラブストーリーきみと、波にのれたら」は、2019年6月21日(金)より上映されます。

ストーリー

小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで波の上では怖いものなしだが、自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが……。奇跡がもたらした二人の恋の行方は? そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?(WebNewtype

劇場アニメ「きみと、波にのれたら」本編映像より