総合エンタ-テインメント事業を展開する株式会社アミューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:柴 洋二郎 以下アミューズ)が2017年よりマネージメントをしているプロバレーボール選手柳田将洋が、ドイツ1部リーグUnited Volleys(ユナイテッドバレーズ)と契約締結し、今シーズンドイツにてプレーすることが決まりました。
柳田選手は、2017年にプロバレーボール選手へと転向し、ドイツ・TV Ingersoll Bühl(ティービー・インガーソル・ビュール)、2018年ポーランド1部リーグ・Cuprum Lubin(クプルム・ルビン)にてプレーをしてきました。今後も引き続き世界レベルプレーをすべく、ドイツUnited Volleysとの契約に至りました。
バレーボール競技を盛り上げ、けん引する存在として一層の努力をしてまいりますので、引き続き応援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

         
プロフィール>                

【柳田将洋(やなぎだ まさひろ)】
1992年7月6日生まれ
2011年3月 東洋高等学校 卒業
2015年3月 慶応義塾大学 卒業
2015年4月 サントリーサンバ―ズ入団
2017年4月 プロ転向
ドイツ・TV Ingersoll Bühl(ティービー・インガーソル・ビュール)
2018年7月 ポーランド・Cuprum Lubin(クプルム・ルビン)

<戦歴>
2010年3月 第41回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会 優勝
2015年 第64回黒鷲旗 優勝
2016年 2015/16 Vプレミアリーグ最優秀新人賞
日本代表2013年
2018年 日本代表キャプテン就任


<柳田将洋コメント
この度、ドイツ1部リーグUnited Volleysとの契約を締結致しました。
海外3シーズン目になり、ここまでヨーロッパプレーを続けている中で、またドイツの地にてプレーできることに喜びを感じております。このシーズンは大きな大会が控えている来年へ向けての大変重要なシーズンになってくるであろうと確信しています。
そのため、これからのドイツでの期間を良いシーズンにできるようにこれからも精進していきますので、今後ともよろしくお願い致します。



ドイツUnited Volleysについて>
ユナイテッドバレーズはフランクフルトに本拠地を置く、バレーボールブンデスリーガ1部所属のプロバレーボールチームスポーツクラブであるTGリュッセルハイムのバレーボール部門として、TGリュッセルハイムとしてブンデスリーガに参戦。2015年にユナイテッドバレーズとして独立、TGリュッセルハイムが持つ1部昇格権を譲り受け、2015/16シーズンよりブンデスリーガ1部でプレーする。
シーズンドイツブンデスリーガ1部において5位。

配信元企業:株式会社アミューズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ