東京五輪を1年後に控えて18歳FWが初来日 自身のルーツは「なんでもできる場所」

 レアル・マドリードU-23ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールは、東京五輪を1年後に控えたタイミングで初来日を果たした。2000年まれの18歳FWは、“サッカー王国”ブラジルにおいて東京五輪世代を引っ張る存在として期待されるが、21日に都内で取材に応じ、来年に迫った五輪本大会への思い、自身のルーツ、目標とする選手などについて口を開いた。

 都内での複数イベントに出演するなど、多忙な初来日となっているヴィニシウス。それでもサインや写真を求められれば、気さくに応じる姿が印象的だった。その理由の一つとも言えるのが、空港やイベントで感じた“歓迎ムード”だという。18歳の神童は「レアル・マドリードファン、それに自分のファンもいて、たくさんの方に迎えていただいた」と笑顔を見せ、来年に開催される東京五輪についても言及した。

「僕自身、オリンピックプレーできることを非常に楽しみにしています。今回、こうして東京を事前に訪ねることができて、温かい歓迎を受けられたというのは、自分にとって非常にポジティブなことです。まずは代表にしっかり選んでもらえるように頑張りたいと思います」

 そう殊勝に話すヴィニシウスだが、レアル・マドリードで見せているドリブル突破は、すでにワールドクラスと言っていいだろう。「ドリブルは自分の武器」と自負を口にし、プレーするうえで意識していることを明かしてくれた。

「特に初速の部分、スタートダッシュが自分の場合は強みだと思っているので、そこでいかにDFを置き去りにするかを大事にしています。失敗しても、どんどんチャレンジを続けるようにしています」

 そのスタイルが育まれたのは、ストリートサッカーでの経験だ。4歳になる頃からストリートボールを蹴り始め、そこからスクール通いをスタート。そしてフラメンゴの目に留まり、レアルまで鮮やかなステップアップを遂げた。

ストリートサッカーはなんでもできる場所。フットサルストリートサッカーで多くを学んで、今のスタイルになりました」とヴィニシウスは語る。世界トップレベルで見せている常識に囚われない自由な発想、イマジネーションの源泉はストリートサッカーにある――と思いきや、実はそうではないという。

ネイマールを絶賛 「サッカーそのものにも寄与するようなプレースタイル

 即興性に富み、観る者を楽しませるプレーの数々について、ヴィニシウスは「これはもう、神様からいただいたものですね」とはにかみ、「サッカーを始めた頃からインスピレーションは持っていました」と告白している。とはいえ、当然ながら天からの授かりものだけで、世界のトップに挑んでいるわけではない。

「自分なりの改善はもちろんしていて、ロナウジーニョ選手(元バルセロナなど)や、最近ならネイマール選手(パリ・サンジェルマン)のプレーをたくさん見て勉強して、もっともっと上手くなろうと頑張っています」

 現在、目標にしている選手を問われると「ネイマール」と即答。同じくドリブルを最大の武器とし、観客を楽しませることにおいて右に出る者がいない“先輩”について、次のように絶賛した。

「彼がピッチ内で見せていることは、あらゆることがブラジルサッカーのためにもなっています。それどころか、サッカーそのものにも寄与するようなプレースタイルだと思っています」

 サッカー王国の未来を担う前途洋々な18歳は、母国の大スターへのリスペクトを楽しそうに語ってくれた。どんな将来が待っているのかは神のみぞ知るところだが、謙虚かつ純粋に向上を目指す言葉は頼もしい。1年後の東京五輪ピッチで誰よりも躍動するヴィニシウスに期待したい。(Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura

レアルFWヴィニシウス【写真:高橋学】