フローニンゲン日本代表MF堂安律がインタビューに応えた。

 堂安は2017年6月のフローニンゲンへの移籍についてコメント。「Uー20のワールドカップがあり、そこで満足のいくパフォーマンスができたことによってフローニンゲンに行ける道が切り開けましたけど、若い選手にとってプレーすることは大事なのでしっかりプレーできる環境」とフローニンゲンが良い環境であったことと、また「ハンス・ナイラント社長と監督が本当に欲しいと言っていることを伝えてくれたので交渉の内容を話すと長くなってしまうんですけど、わざわざ日本に来てくれて凄く熱意を感じたのが一番のきっかけです」と語り、クラブの熱意に動かされたことを明かしている。

フローニンゲンでプレーする堂安律 [写真]=Getty Images