WBO世界スーパー・フェザー級王者の伊藤雅雪(28=伴流 27戦25勝13KO1敗1分)が5月25日(日本時間26日)、アメリカのフロリダ州キシミーで同級7位のジャメル・へリング(33=アメリカ 21戦19勝10KO2敗)を相手に2度目の防衛戦に臨む。昨年7月にキシミーで戴冠を果たした伊藤にとっては験のいい場所でのV2戦となるが、挑戦者のへリングは12年ロンドン五輪に出場した実績を持つ長身サウスポーだけに楽観視できないカードといえる。それでも伊藤は「海外で勝つことはスターへの第一歩。世界にアピールしたい」と自信をみせている。この注目ファイトについて、元WBC世界バンタム級王者の山中慎介氏にみどころを聞いた。

・合わせて読みたい→
井上尚弥「ボクシング辞めようかと思った」 伊藤雅雪との世界王者対談で告白(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/naoyainoue-masayukiito-conversation/)

■攻めて出る姿勢が伊藤を大きく成長させた


――伊藤選手は昨年7月、今回の試合地と同じキシミーで無敗のホープクリストファー・ディアス(24=プエルトリコ)からダウンを奪って完勝、世界タイトルを獲得しました。まずは、あの試合についてうかがいたいと思います。
山中「試合前、伊藤選手は『積極的に行く』と言ってはいましたが、正直いって本当に行けるのかどうか疑問に思っていたところはあります。でも、予想以上に積極的に攻めて出たので驚きました。以前とは気持ちが違ったんでしょう」

――山中さんは伊藤選手の初防衛戦(18年12月)をリングサイドの放送席で解説しましたが、さらに成長は感じられましたか。
山中「世界タイトルを獲得したときよりも、さらに強く逞しくなりましたよね。自信をつけたこともあって、一段と成長して凄みを増したと感じました。自分で志願して海外でトレーニングしているほどなので、本当に強くなりたいという思いがあるんでしょう。その強い気持ちがリングの上でも出ていますね」

――山中さんから見て、伊藤選手はどんなボクサーでしょうか。
山中「まず見た目がイケメンですよね(笑)。で、ボクシング以外では優しい性格です。ボクシングに関しては東洋太平洋チャンピオン時代もシャープな面はありましたが、最近はそこに攻めて出る姿勢と力強さが加わりました」

――攻めて出る姿勢、とは具体的にどういうことでしょうか。
山中「最近の世界戦2試合は気持ちが前に出ているので、以前よりも重心が少し前にかかるようになっているんですよ。それがパンチに伝わる力になっているので、重み、威力、強さや凄みに繋がっているんです。前に出ながら繰り出すパンチと下がりながら打つパンチでは体重の乗り方が違いますからね。それに伊藤選手は世界チャンピオンという現状に満足していないし、もっと上に行きたいという思いが見えますね。だからキラキラしているじゃないですか」

――伊藤選手はアマチュア経験がないままプロデビューしたわけですが、潜在的な能力が相当高いということでしょうか。
山中「まだ28歳でしょう? いまの時代でアマチュア経験がないままここまで来るだけでもすごいことだと思います。特別な運動能力、センスがあるんでしょう。まだ開発されていない能力、伸びしろがあると思います」

――アマチュア経験がないため、逆に不安な面もありますか。
山中「サウスポーとの戦い方に関してはどうなのか、そのあたりが気になります。アマチュア出身者の場合、仮にプロでサウスポーとの対戦経験が少なくても戦い方に慣れていることが多いものなんです。でも、アマチュア経験がない選手の場合、サウスポーとの戦い方に不慣れなことがあるんです。これまでに伊藤選手がどれだけ力のあるサウスポーと戦ってきたか、そしてどう戦うか、そのあたりが気になりますね」

■ロマチェンコ戦への布石になるような試合を期待

――今回、伊藤選手が迎えるへリングは長身のサウスポーです。
山中「しかもオリンピックに出場しているんですよね。長身サウスポーというだけで戦いにくく敬遠されがちなのに、加えてオリンピックに出ているほどの実力者というわけですから、ちょっと厄介かもしれないですね」

――まさに山中さんが長身サウスポーでしたが、自分よりも少し背の低い右構えの選手との試合は何がカギになるのでしょうか。
山中「僕の場合は距離を一番大事にしていました。こちらのパンチは当たるけれど相手のパンチは届かない、その距離から踏み込んで打つわけです。右構えの相手との試合では利き手、つまり僕の左手、相手の右手を気にして戦いました。すでに構え合ったときの位置は相手の左フックが当たらない距離なので、踏み込んで打ってくる右を警戒しました。へリングが僕と同じスタイル、考えかどうかは分かりませんが…」

――伊藤選手はどんな点に注意する必要があると思いますか。
山中「伊藤選手にとってへリングは戦いにくいタイプかもしれないけれど、攻めていく姿勢が重要になるでしょうね。まして伊藤選手は注目されているなかでアピールしたいはずなので。警戒する相手のパンチとしては、右ジャブから絶妙なタイミングで放たれる左ストレートでしょうか。その左に注意しながら、パンチの軌道やタイミングを見極めて攻めていくことが要求される試合になると思います。ときには強引に攻めて出なければいけない場面もあるかもしれませんね」

――伊藤選手にエールを。
山中「スーパー・フェザー級には海外でも人気と実力のある選手が集まっているので、伊藤選手はただ勝つだけではなく内容も問われる立場になっていますよね。だから『また伊藤の試合を見たい』と思わせるような戦いをしてもらいたいですね。彼はワシル・ロマチェンコ(31=ウクライナ ※WBA&WBO世界ライト級王座に君臨する3階級制覇のスター選手)との対戦を目標にしているんでしょう? その目標設定はすごくいいと思います。ロマチェンコの名前を出したとき、伊藤選手はすごくギラギラしていましたから。強がっているのではなく、ワクワクしている感じでした。挑戦する気持ちを忘れていない証拠だと思います。だから、今回もみんなの期待に応えるような勝ち方をしてほしいですね」

 WBO世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ「伊藤雅雪(28=日本)対ジャメル・へリング(33=アメリカ)」は、5月26日(日)午前11時からWOWOWライブで生中継する。

[文/構成:ココカラネクスト編集部、取材協力:WOWOW]

山中 慎介(やまなか・しんすけ)

1982年10月11日滋賀県出身。アマチュアを経験後、06年1月に帝拳ジムからプロデビュー。11年11月WBC世界バンタム級王座を獲得し、左構えから繰り出す「ゴッドレフト」を主武器に6年間に12度の防衛を果たした。18年3月に引退。戦績は31戦27勝(19KO)2敗2分。

◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆
★『生中継!エキサイトマッチスペシャル 伊藤雅雪、海外防衛戦!』
対戦カード/WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ:伊藤雅雪 vs ジャメル・ヘリング
対戦カード/WBO世界S・フライ級挑戦者決定戦:江藤光喜 vs ジェイエール・シントロン
【放送日】5/26(日)午前11:00[WOWOWライブ] ※生中継

※WBA世界フェザー級タイトルマッチ:シュー・ツァン vs久保隼
※WBA世界L・フライタイトルマッチカルロス・カニサレス vs木村翔
5/26(日)夜8時頃~WOWOWメンバーズオンデマンドにて先行ライブ配信!

■その他の情報は、WOWOW番組オフィシャルサイトへ!
https://www.wowow.co.jp/sports/excite/

山中慎介が展望を語る 伊藤雅雪が五輪戦士へリングを迎える2度目の防衛戦