2019年5月18日デビュー6周年を迎えた“動物園アイドルユニットキャンディzooが、5月21日、東京・恵比寿CreAtoで「キャンディzoo6周年記念ワンマンライブ」を開催。

【写真を見る】6周年記念ライブを終えたキャンディzooのメンバーを激写!

キャンディzooによる「水平線の向こう側」公演、キャンディzooナイトメアによる「LET'S here it」公演の2部構成で行われ、ミーアキャット担当・片山結愛(ゆぅゆ)、ペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)、ホッキョクグマ担当・仲原芙海(ふーみん)、トラ担当・橋本りょうか(りょうかちゃん)がパフォーマンスを披露した。

キャンディzoo 6歳の誕生日は、スタートからハイテンション

この日のライブは、「結晶」で静かにスタート。曲中で転調を繰り返しファンテンションを上げると、そのままの勢いで「Ride on zoo!!」「アニマルパラダイス」へ。菅谷の煽(あお)りにファンも応え、早くも会場はヒートアップしていく。

「本日は『キャンディzoo6周年記念ワンマンライブ』にお越しいただき、本当にありがとうございます」(片山)というあいさつの後は、キャンディzoo自己紹介ソング「それいけキャンディzooマーチ」。メロディに乗せて自己紹介をしていくメンバーに対して、ファンも大声で4人の名前をコールして盛り上げていく。

その後、メンバーシャッフルで「君に吹く風」「WAGAMAMA」を歌い、「声」ではメンバーファン大合唱という展開に。そして、「ホライズンブルー」の後、会場にいる全員でキャンディzooの6周年を改めて祝福。メンバーファンが「ハッピーバースデートゥーユー」を合唱し、スクリーンに映し出されたケーキのローソクを吹き消して、キャンディzoo6歳の誕生日を祝った。

「6周年を迎えることができたのは、本当に皆さんのおかげだと思っています。7年目、何があるか本当に分からないけど、これからも私たちについてきてください!」という菅谷の言葉から、「素敵なペーパーチェーン」をしっとりと聞かせ、「GOGO☆ダイナソー」では大きな「もっとー!」コールが巻き起こる。

最後は「zooっとワンダフォーライフ」で、片山が「私たちの生誕祭の向こうに見えたのは、皆さんの笑顔でした。これからもキャンディzooは輝き続けます! 応援、よろしくお願いします!!」とファンに感謝を伝え、第1部「水平線の向こう側」公演は終幕した。

ナイトメア公演はノンストップで駆け抜ける

すっかりおなじみとなったキャンディzooナイトメアのSE「Let it here」、VJと共に、ナイトメアの“光る衣装”に着替えメンバーステージに登場。

Wake up moon Light」「fantasy twinkle star night」といったキャンディzooナイトメアの楽曲、「CWB」「キャンディチャーム~あめ玉のおまじない~」などキャンディzooの楽曲の“ナイトメアアレンジ”をノンストップで歌唱していく。

ユーロビートアレンジの楽曲と光る衣装でのパフォーマンス、そして圧倒的なVJという、キャンディzooの公演ステージとは違った、音と光の幻想的なパフォーマンスを見せるメンバーたち。

全10曲を歌い上げ、最後は仲原が「皆さん、ここまでたくさん、たくさん盛り上がってくださって、本当にありがとうございました。皆さんと、こんなすてきな時間を過ごせて、すごい楽しかったです!」とあいさつ。第2部の「LET'S here it」公演を終え、アンコールではメンバーが一人一人、ライブの感想とファンへのメッセージを伝えることに。各メンバーコメントは以下の通り。

りょうかちゃん「みんな優しくて大好きです!」

私は、事務所に入って1年経ってなくて、それでキャンディzooに昇格できて「今後が楽しみだな」って思った時期に肩をけがしてしまって、3カ月くらいステージを休んでたんです。入ったばっかだし、知名度も低くて、3カ月もいなかったら忘れられちゃうかもしれないし、「このタイミングでいなくなったら、私がいる意味はあるのだろうか?」って、すごい考える時があって。

でもその時、みんなが待っててくれてたのが、すごくうれしくて。「ワンマンライブのチケット枚数が達成できてなかったら、私のせいじゃないかな?」とか、めっちゃ考えてたけど、今日来たらみんな何かいるし(会場笑)。みんないてくれてるし、「ホライズンブルー」の落ちサビで赤サイ振ってくれたりして。みんな優しくて大好きです!

ふーみん「皆さんと一緒に、もっと大きな夢を見たい」

キャンディzooすごい歴史があって、毎年、周年ライブを行ってきてて。毎年この時期にやるから「あるだろうな」とは思っていたんですけど、この4人体制になっていろいろあって、「できるのかな?」「どうかな?」って不安だったりした時期もありました。

だから、こうやって周年ライブを行えたのは、普段から支えてくださる皆さんのおかげだし、メンバースタッフさん、たくさんの人のおかげでこの周年ライブを行えたこと、このみんなでできたことに感謝しています。改めて、ありがとうございます

今日はめっちゃ楽しかったです、本当に。不安だったんですけど、フフフッ(笑)りょうかちゃんがめっちゃ不安みたいな感じだから、私は全然そうじゃないって思われてたんですけど、私も初めてのことがたくさんで、不安で。でも、ステージに出たらこんなたくさん、いっぱい(ファンが)いるし(会場笑)。ビックリだよね? こんなパンパンのCreAtoが想像できなくて。

皆さんのコールすごいし、笑顔もみんなすてきだし、私にとってすてきな時間になりました。皆さんにとっても、「今日のライブ、来て良かったな」とか「いい時間だったな」って思ってもらえたらうれしいです。

あと、個人的な話をすると、私はアイドルになりたくてずっと夢を追い掛けてきて、諦めかけたときに叶えてくれたのが、キャンディzooっていう場所なんです。だから、これからもずっとキャンディzooで、皆さんと一緒にもっと大きな夢を見たいなって思っているし、たくさん一緒に笑いたいなって思ってるので、これからもここで頑張らせてください。

7年目のキャンディzoo、そして私の応援をよろしくお願いします。

■ かこちゃん「今度は私が、みんなを支えられる人になりたい」

今日も来てくださって、ありがとうございますTwitterでも言ったんですけど、自分の気持ちを自分の言葉でみんなに伝えるために、ちゃんと(手紙に)書いてきました。

まず話させていただくのは、私が最近までずっとお休みをいただいていた理由を、みんなに伝えなきゃいけないなと思って。今日、この場をお借りして伝えようと思います。

私は10月に足をけがしてしまい、完治するまでたくさんの時間が掛かってしまいました。その間、3人のキャンディzooから知ったという方がたくさんいたり、メンバーの仲がすごい良くなってて、「私は必要とされてないのかも?」と思ったり、楽屋でもみんな仲いいのになじめないとか考えちゃったりしたのが始まりです。

そこからライブに出ることや人に会ったりすることがすごく怖くて、家から出られなくなるようなこともありました。それが、私がライブに出ることができなかった理由です。このことを話したら、元気で明るい私を好きって言ってくれるみんなが、私のことを嫌いになってしまうのではないかと、すごい不安で。このことを伝えるのが、今日まで遅れてしまいました。遅くなってしまい、すみません。

長い間、理由が分からず休んでいる私を、ずっと待っていてくれて、本当にありがとうございます。一時はライブに出ることはもう無理なのではないかと思い、キャンディzooを辞める決断をしたときがありました。けど、今は本当に辞めなくて良かったなって思ってます。いつも優しいリプをくれたり、会えた時にみんながいてくれたことの一つ一つに、優しさと愛を私は感じました。

今までもらった愛情とか優しさを、みんなに何倍にもして、これから返していきたいなって思ってます。口下手なので言葉で伝えることはなかなかできないと思うけど、態度で示していくので、たくさんたくさん受け取ってくれたらうれしいです。こんな私ですが、これからも応援してくれたらうれしいです。

最後に、メンバーへ。休んでいる理由を、自分の口から伝えることがずっとできなくて、ごめんなさい。そして私がお休みの間、3人が頑張っていてくれたのに、ありがとうも言えないくらい怖かったり、みんなと距離を置いたり、本当にごめんなさい。

3人と私で大きな溝ができてしまったのを感じていたし、みんなも感じていたと思います。でも、私が戻るって決めたとき、受け入れてくれたのが本当にうれしかったです。

こういう場じゃないと照れくさくて、伝えられなくてごめんね。けど、本当に感謝しています。今までたくさん迷惑を掛けてしまって、ごめんなさい。これからもたくさん迷惑を掛けてしまうと思います。でも、これから今まで以上に頑張るので、よろしくお願いします。いつも、本当にありがとう。

メンバースタッフさん、ファンの皆さん、今までたくさん私を支えてくれて、ありがとうございます。今度は私が、みんなを支えられる人になりたいです。7年目を迎えたキャンディzooを、これからもよろしくお願いします。本当にみんなが大好きで、今日は幸せな時間を私たちに届けてくれて、ありがとうございました

■ ゆぅゆ「皆さんがいてくれてるから、私は一人じゃない」

この1年は各メンバーにいろいろなことがあって、私もすごくつらくて…。かこちゃんがいなくなってから、新メンバーが入ったばっかりで、まだ話せる状態じゃなくて。「私は一人だ」って思って、すごい不安で。なのに、新メンバーから話し掛けてくれたりとか、心を落ち着かせてくれたんですよ。

1期生が卒業した後、私が一番先輩の立場になったんです。でも、ちゃんと引っ張っていけてないっていうのがあって、毎回悩んで、夜泣いたりもしたし。でも、生誕祭のときとかにLINEで「ゆぅゆちゃん、すごい頼りになるから」「いつも、ありがとう」っていうことをメンバーが言ってくれたりして。

秋葉原ライブが一人になったときがあって。私って一人じゃ何もできなくて、いつもだったら何もできないんですけど、そのときに1部は来られなかった人が2部に「時間があったから、応援しに来たよ」とか、たくさんの方が来てくれていて。皆さんがいてくれてるから私は一人じゃないし、今このキャンディzooというアイドルで活動していられてるんだなって思います。

毎回思うんですけど、奇跡って大切なんだなって思ってて。今、このメンバーがそろってなかったら、絶対こんな最高のライブはできてないし、スタッフさんとか今のマネージャーさんじゃなかったら、絶対に私はこの場でに立っていなかっただろうし。

振付師の先生も、先生の振り付けがいいから私たちが輝けていて、ファンの皆さんが楽しめるっていうライブを作れていて。ずっと一緒に歩んできてくれて、私たちは本当に助けられてきてます。

ファンの人がいなかったら、絶対にキャンディzooとしては成り立っていなかったし、今見ると初めて来てくれてる方や最近出会えた方、昔から応援してくれてる方がいることが、私はすごく幸せです。

私は5年半やっているんですけど、最近辞めたいって思ったときもありました。でも、私はこれからもやり続けます。なので、7年目も私、片山結愛とキャンディzooの応援をよろしくお願いします。

■ 涙のMCから一転、アンコール

それぞれの思いを涙ながらに語り終えると、メンバーいつもの明るい表情に戻り、「Balloon Drive Over The Chocolate City」を歌唱。

そして最後は、この日2回目の「Sound of music」で6周年記念ワンマンライブを締めくくった。

キャンディzoo 6周年記念ワンマンライブ

【第1部】

1:結晶

2:Ride on zoo!!

3:アニマルパラダイス

4:それいけキャンディzooマーチ

5:君に吹く風

6:WAGAMAMA

7:声

8:ホライズンブルー

9:素敵なペーパーチェーン

10:GOGO☆ダイナソー

11:zooっとワンダフォーライフ

【第2部】

1:Wake up moon Light

2:CWB

3:キャンディチャーム~あめ玉のおまじない~

4:light rash harvest

5:Sound of music

6:UTAKATA

7:The times

8:Beyond the night

9:Blow in the wind

10:fantasy twinkle star night

アンコール

EN1:Balloon Drive Over The Chocolate City

EN2:Sound of music

(2019年5月21日 東京・恵比寿CreArt)(ザテレビジョン

“動物園系アイドルユニット”のキャンディzooが「キャンディzoo6周年記念ワンマンライブ」を開催した