パシフィコ横浜で22日に開幕した「人とくるまのテクノロジー2019」。ホンダブースは電動化一色、とにかくネアカという感があった。二輪車・汎用機部門からはリリースされたばかりの電動バイクPCXエレクトリック』と、脱着式のバッテリーを交換できるスタンドを展示していた。

【大きい画像を見る】ホンダ(人とくるまのテクノロジー2019)


PCXは容量1kWhのバッテリーパックを2個搭載し、おおむね50~60kmほど走ることができるという。そのウェイポイントバッテリー交換スタンドができれば、そこですぐにフル充電状態となり、ふたたび50~60kmを走れるという寸法。すでにフィリピンなどで実証実験を行っており、今のところバッテリー盗難などのトラブルは発生していないという。

この電動モビリティ、実はPCXエレクトリックだけではなく、隠し玉があった。電動シニアカーの『ESMO Concept』だ。バッテリーPCXと同じものを使い、やはりバッテリー交換を簡単に行うことができるというのが売りだが、なんだかんだ言う前に、これは素直にかっこいい!!

クルマを降りたシニア世代はもともとクルマ好き、バイク好きが多かった。シニアカーがかっこ悪いから乗りたくないという方がけっこういらっしゃるんですよ。それで、乗りたくなるようなシニアカーを作ってみようと思ったのです」(ホンダエンジニア

四輪のほうはEV走行距離100km超をうたうホンダの新世代電動車『クラリティPHEV』に搭載されたシステムSPORT HYBRID i-MMD Plug-in」を展示。総容量17kWhと、PHEVプラグインハイブリッドEV)としては異例の大型バッテリーを積みながら、配置の巧みさでシステムコンパクト化を実現したことが見て取れた。【ほかの画像を見る】ホンダ(人とくるまのテクノロジー2019)

ホンダ(人とくるまのテクノロジー2019)