サンフレッチェ広島は22日、明治安田生命J1リーグ第17節の鹿島アントラーズ戦の日程が変更となったことを発表した。

広州恒大や大邱FC、そして本田圭佑所属のメルボルン・ビクトリーと同組のグループFを戦った広島は、初戦の広州恒大を落としたものの、そこから破竹の5連勝を収め、第5節でホームで広州恒大を破って決勝トーナメント進出を決めた。

一方の鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホールダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。

この結果、グループF首位の広島と、グループE2位の鹿島がラウンド16で激突することに。これに伴い、J1第17節の県立カシマサッカースタジアムで行われる鹿島vs広島の日程が変わり、6月30日(日)の18:30キックオフに変更となった。

なお、ラウンド16のファーストレグ、サンフレッチェ広島vs鹿島は6月25日(火)に予定されている。

◆日程変更
第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島
6月29日(土)18:306月30日(日)18:30

サムネイル画像