■“歌うま女子高生”として脚光を浴び、今年メジャーデビューを果たした若き天才ディーヴァ、鈴木瑛美子がミュージカルに初挑戦!

【画像】若手の実力派がずらりと勢揃いした追加メインキャスト

2020年3月、日生劇場にて、日本初演のミュージカルホイッスルダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜』が上演される。
オペラ座の怪人』や『キャッツ』など数々の傑作を生み出したミュージカル界の大巨匠アンドリューロイド=ウェバーと、ミートローフやセリーヌ・ディオンなどにヒット曲を提供し、ソングライター殿堂入りも果たしているジム・スタインマンがタッグを組んだ感動作『Whistle Down the Wind』。映画化もされた同名小説を原作にした本作は、ウェストエンドにて1,000回を超えるロングランを記録。劇中歌「No Matter What」は世界18ヵ国でヒットチャート1位、プラチナディスクを獲得している。

今回、待望の日本の初演では、その緻密な舞台演出で様々な名作を生み出している白井晃を演出に迎え、主演の脱獄犯である“男(ザ・マン)”役を演じるのは、ミュージカル『キンキーブーツ』のドラァグクイーン役で第24回読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞、再演でも同役を続投し、演劇の世界でもその存在感を確固たるものにしている三浦春馬。

そして、ヒロインでその“男(ザ・マン)”をイエス・キリストの生まれ変わりだと信じる無垢な少女・スワロー役を演じるのは、すでに日本ミュージカル界では欠かせない女優となり、先日第44回菊田一夫演劇賞も受賞した生田絵梨花。今、演劇界で最も注目を集めるふたりの共演が実現した。

そしてこのたび、追加メインキャストが発表。スワローの幼馴染で、彼女に思いを寄せるエイモス役を、若手ミュージカル俳優の中で頭角を現す平間壮一、東 啓介がダブルキャストで演じる。そしてそのエイモスのガールフレンドキャンディ役として、圧倒的な歌唱力によって“歌うま女子高生”として一躍“時の人”となり、今年メジャーデビューを果たした “若き天才ディーヴァ”鈴木瑛美子がミュージカルに初挑戦。またダブルキャストで、同役にミュージカルテレビでその歌唱力を活かし、幅広く活躍するMARIA-Eが決定した。また、次第に変化していく娘・スワローを悩みながらも守ろうとする父親ブーン役を、実力派ミュージカル俳優の福井晶一が演じる。

この超強力キャストアンドリューロイド=ウェバーの美しい音楽にのせて紡ぐ、観る者の魂を揺さぶる感動のミュージカルホイッスルダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜』。注目だ。

■エイモス役【Wキャスト】・平間壮一 コメント
純粋にうれしいです! 皆さんと同じで、日本初演のこの作品、どうなるんだろう。楽しみという気持ちしかないです。楽曲がとても素敵で、キャストスタッフも間違いなし! あとは自分が頑張るだけ! 皆様に愛される作品になるよう、精いっぱい演じさせていただきます!

■エイモス役【Wキャスト】・東 啓介 コメント
この作品に携われること、本当に光栄に思います。 三浦春馬さんや生田絵梨花さんを筆頭に、経験豊富な方たちと、この作品を創り上げるのがこれからとても楽しみです。その中で、僕もこの作品の一部になれるよう精進します。 ぜひ楽しみに待っていてください!

キャンディ役【Wキャスト】・鈴木瑛美子 コメント
アンドリューロイド=ウェバーの多様な曲調の音楽には、物心ついた頃からずっと触れてきました。キャンディという役を私の声で表現することが、今からとても楽しみです。ご来場の皆さまに必ずご満足いただけるよう、一生懸命に取り組んでまいります。

キャンディ役【Wキャスト】・MARIA-E コメント
このような素晴らしい作品に携われる機会をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。また、あらたな自分にチャレンジできることにも、胸が高鳴る思いです。カンパニーの皆様からたくさんのことを学ばせていただき、観に来てくださるお客様の心に波を起こせますよう、一生懸命に頑張りたいと思います。

ブーン役・福井晶一 コメント
最初にお話を頂いたとき、大好きなアンドリューロイド=ウェバー作品と聞いて、心が躍りました。また、演出が白井晃さん、そして三浦春馬さんや生田絵梨花さんをはじめとする魅力溢れる若手キャストの方々とご一緒させてもらえることを、今からとても楽しみにしています。お客様の心に響く作品になるよう、誠心誠意、務めたいと思います。

舞台情報
ミュージカルホイッスルダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜』
公演日程:2020年3月 日生劇場
<出演>
男(ザ・マン):三浦春馬
スワロー:生田絵梨花(乃木坂46
エイモス:平間壮一、東 啓介【Wキャスト
キャンディ:鈴木瑛美子、MARIA-E【Wキャスト
ブーン:福井晶一
ほか

作品サイト
http://www.whistledownthewind.jp/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press