TransmitなどのMacツール開発やゲームFirewatchのパブリッシャーとして知られている米国のソフトウェアメーカーPanicが、携帯ゲーム機「Playdate」を発表した。

【その他の画像】

 「Playdate」は、手回しのクランクアナログコントローラーを備えたモノクロスクリーンゲームマシン。反射型の高精細ディスプレイWi-FiBluetoothUSB-Cヘッドフォンジャックを搭載する。

 クランク型インタフェースは、デザインパートナーであるTeenage Engineeringによる発案。Teenage Engineeringは小型シンセサイザーOP-1で知られる。スッキリしてポップデザインはたしかにOP-1を思わせる。

 コンテンツとしては、高橋慶太氏の「Crankin’s Time Travel Adventure」をはじめとする、トップゲームデザイナーによる新作ゲームが毎週1タイトルずつ、合計12タイトルが届けられる(実際にはシステムに搭載されていて、1週ごとにアンロックされる)。それ以降のゲーム提供やアプリストアの開設は、「すべてはみなさんの関心と売上に掛かっています」という。

 価格は149ドルで、2019年後半に予約開始。2020年の出荷を予定している。

Playdate