見た目はカラフルキャラクターグッズだが、素材は天然の木。職人が一つ一つ心を込めて作り上げた人形、こけしだ。ヒキダシ(東京)は、平成の仮面ライダー全20作品の記念グッズとして、日本の伝統工芸品であるこけしをかたどった「仮面ライダーこけし」(各4,752円・税込)と、「ZIPPOライターセット」(17万2,800円・同)の予約販売を、オンラインストア「ヒキダシストア」で始めた。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 仮面ライダーこけしを作成するのは、群馬県榛名山(はるなさん)の麓にある榛東村(しんとうむら)に工房を構える「卯三郎(うさぶろう)こけし」の職人。天然木を削り出して磨き上げ、ベルトなどの細かいパーツを丁寧に塗り分けた、職人の技が光るグッズだ。種類は、「クウガ」「電王」「W(ダブル)」「オーズ」「ジオウ」の仮面ライダー5人。手のひらサイズ。8月下旬から随時、発送する。

 仮面ライダーファンはもちろん、一つ一つを職人が作り上げた伝統工芸品だから、外国人や知り合いへのプレゼントとしても使えそう。伝統的な形である女の子こけしと組み合わせれば、新旧のセットが出来上がる~。また、ZIPPOライターセット平成ライダー勢ぞろいの20個入り。限定50セットメモリアルグッズだ。

仮面ライダーの「こけし」やライターはいかが? 平成20作品の記念グッズ!