LM TOKYO株式会社(本社:東京都渋谷区神宮前 代表取締役:鈴木直樹)が運営するLED TOKYOは、2019年5月29日から6月16日の期間に開催される米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019」のオープニングセレモニーに、LEDビジョンを設置します。
LED TOKYOは、最新LEDビジョンを中心に最安値で販売・レンタルするLEDの総合ブランドです。

LED TOKYOは、2019年5月29日渋谷ヒカリエホールにて開催される「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019」のオープニングセレモニーに、LEDビジョンを設置します。

LED TOKYOのニュースはこちら:http://led.led-tokyo.co.jp/news/ssffasia_0522/

-------------------------------------------------------------------------
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
-------------------------------------------------------------------------
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭として知られていますが、1999年6月4日、日本初の国際短編映画祭として東京・原宿からスタートした映画祭です。

2018年には20周年を迎え、現在、世界から約10,000本ショートフィルムが集まるアジア最大級の国際短編映画祭へと成長しています。

「令和」となり初の開催となった2019年度は、5月29日から6月16日の期間に、表参道ヒルズ スペース オー、アンダーズ 東京 Andaz Studio、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、シダックスカルチャーホールなどの会場で、世界130の国と地域から集まった約10,000本の中から、選りすぐりの約200作品を無料上映します。

-------------------------------------------------------------------------
2019年度の開催テーマは「Cinematic Attitude」
-------------------------------------------------------------------------
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」です。

映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現されています。

LED TOKYOは、「
SSFF & ASIA 2019」の幕開けとなる5月29日に、渋谷ヒカリエホールにて行われるオープニングセレモニーに、横1メートル×縦3.5メートルLEDビジョンを2面設置します。

映画が映し出されるメインスクリーンの両端を挟むように設置を予定し、美しい映像はもちろん、スポンサーロゴなどを表示し、オープニングセレモニーをより盛大なものにするサポートを担います。
-------------------------------------------------------------------------
アジア最大級の「映画祭」をLEDビジョンで盛り上げる
-------------------------------------------------------------------------
LEDビジョンは映像や文字情報を映し出すだけでなく、その明るさと表現力の高さで、会場を盛り上げる派手な演出が可能です。

明るさが液晶ディスプレイの10倍以上あるため、照明のついた場内や日照のある場所でも色鮮やかに光り輝くことから、液晶やプロジェクターでは実現できない“臨場感”を生み、“体験”として人の心に印象付けることができます。

映像の美しさはもちろん、パネルを組み合わせるだけのサイズの自由度や、短時間での設置を実現し、さまざまなイベントにて活躍を見せている「LEDビジョン」は、アジア最大級の「映画祭」のオープニングセレモニーでも力を発揮します。

-------------------------------------------------------------------------
SSFF & ASIA 2019 開催概要
-------------------------------------------------------------------------
名称:ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA
開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
上映会場:表参道ヒルズ スペース オー、アンダーズ 東京 Andaz Studio、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ、シダックスカルチャーホール ほか
※開催期間は各会場によって異なります
上映作品:世界130の国と地域から集まった約10,000本の中から、選りすぐりの約200作品を上映。
料金:無料上映(一部、有料イベントあり)
主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

・SSFF & ASIA 2019特設ページhttps://www.shortshorts.org/2019/

-------------------------------------------------------------------------
LEDビジョンは「LED TOKYO」まで
-------------------------------------------------------------------------
LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現しております。

また、大型フェス、スポーツ大会、音楽イベント、発表会、展示会など、短期イベントで大活躍の最新LEDビジョンを「レンタル」にて導入することが出来ます。

購入となると高額且つ物理的な倉庫の確保など大変な手間がかかりますが、レンタルではコスト面を節約出来るだけでなく行き届いたサポート体制で利用することが可能です。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけです。

LED TOKYO:http://led.led-tokyo.co.jp

配信元企業:LM TOKYO株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ