22日のオリックス戦で送球が直撃し、試合後に病院で検査を受けていた

 ロッテは23日、三木亮内野手が「軽度の脳震盪」と診断されたことを発表した。三木は出場選手登録を抹消される。

 三木は22日のオリックス戦で走塁の際に送球が直撃し試合後に病院で検査を受け「下顎部打撲で軽度の脳震盪」と診断された。球団は脳震盪特例措置で申請を行い、出場選手登録を抹消する。(Full-Count編集部)

ロッテ・三木亮【写真:荒川祐史】