[香港 23日 ロイター] - 中国のパソコン(PC)メーカーレノボグループ聯想集団)<0992.HK>が発表した第4・四半期(1─3月)決算は、利益が3倍以上に増加した。コンピューターの販売好調が寄与した。

第4・四半期の利益は1億1800万ドル。リフィニティブがまとめたアナリスト7人の予想平均(9140万ドル)を上回った。

売上高は10%増の117億1000万ドル。アナリスト11人の予想平均(1165000万ドル)とほぼ一致した。

通期の損益は5億9700万ドルの黒字。前年度は1億8900万ドルの赤字だった。

 5月23日、中国のパソコン(PC)メーカー、レノボ・グループ(聯想集団)が発表した第4・四半期(1─3月)決算は、利益が3倍以上に増加した。レノボのロゴ。昨年1月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)