2019年5月26日(日) よる11:30放送 『BACKSTAGE
何気ない日常の裏側で日本を支える人たちがいる、私たちの知らないところでどんな働きをしているのか?仕事上の重要なミッションを通じて、「技術」や「こだわり」、そして「働く原動力」を浮き彫りにしていく。
世界最高峰のクラブチームFCバルセロナ」で主将をつとめたイニエスタ2010年ワールドカップ南アフリカ大会得点王のビジャ、続くブラジル大会でドイツを優勝に導いたポドルスキ。3人あわせての年俸は推定40億円以上!そんなスター選手が所属するチームヴィッセル神戸」を支えるバックステージには、試合で使う道具すべてを管理する用具担当、そして、選手の心のケアも行うチーフマネージャーの姿が・・・。スター軍団をサポートし、勝利を目指すプロ達に密着する。
世界のトッププレイヤーを3人も獲得し、今、Jリーグで最も期待されているチームで用具係を担当する25歳の新人。
試合当日の準備やトレーニング時のドリンクの準備、用具の片付け、ボール集めなどのほかに、選手達の100足以上のスパイクの手入れをするのも大切な仕事のひとつ。
靴紐の通し方ひとつで足とのフィット感が変わり、繊細なボールコントロールに影響が出てしまうため、責任重大。紐を外して手洗いする前にはあらかじめ各選手のスパイクを撮影し、元の状態に戻していく。
ちょうどそのとき、イニエスタが現れ、特別にインタビューに応えてくれるうれしいハプニングも。
一方、クラブハウスには、選手達と楽しく世間話をする35歳のチーフマネージャー
サッカー経験はほとんどないが、小学生の時に開幕したJリーグに憧れてこの仕事を目指した。
ただチームの調子は良くなく、順位は18チーム中11位(4月20日時点)。監督が交代するなどチームの立て直しに迫られている。チーフマネージャーは、チーム一致団結のために選手やスタッフ誕生日会を開いたり、移籍した選手が早くチームに馴染めるよう橋渡しをしたりするなど、日頃からメンタル面のサポートを心掛けている。
昨年のチャンピオン川崎フロンターレ」との試合の日、午後2時からのキックオフに備えて朝7時にスタジアム入りをする用具係の新人。
ユニフォームやドリンクタオルなどをロッカーに並べるも、選手にわずかなストレスも与えないように細心の注意を払いながら、置き場所の調整を繰り返す。
己に決して妥協を許さない理由は、選手と同じプロ契約だから。
結果がすべての厳しい世界で、彼らのプロフェッショナルな仕事が選手を支えている。


【放送日】2019年5月26日(日)
【時間】よる11:30
【働く人サポーター】小柳ルミ子 前園真聖

テーマ】「ヴィッセル神戸
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット

配信元企業:株式会社CBCテレビ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ