女優で元AKB48篠田麻里子が、5月24日放送のドラマミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)第6話で純白のウエディングドレス姿を披露。さらに、ちょっと過激な女性同士のベッドシーンにも挑戦している。

【写真】篠田麻里子のウエディングドレス姿も『ミストレス~女たちの秘密~』第6話

 女優の長谷川京子が主演を務める本作は、英国BBCヒットドラマMistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。篠田は、レズビアンを公言するスタイリスト・須藤玲役を演じている。

 第6話「溺れる女たち」では、玲(篠田)とミナ(小篠恵奈)のレズビアン同士のウエディングシーンが描かれ、2人とも美しいウエディングドレス姿で登場。篠田は「すてきな会場でウエディングドレスを着てケーキ入刀、記念撮影など一連のシーンを撮影したので、まるで本当に結婚式をしているかのような気持ちになりました!」と撮影を振り返る。

 スピーチシーンについては、演出の片岡敬司から「AKB総選挙の感じで」と指示されたそうで、「大事な人たちに気持ちを伝えたいという当時のことを少し思い出したりしました」と篠田。「演じる玲の意思が樹里やミナ、結婚式に来てくれた皆さんに届くように、そして、樹里とミナの間で揺れている玲自身に向けるように、思いを乗せてスピーチしたので、ご覧いただけると嬉しいです」と話している。

 第6話ではさらに、玲と樹里(大政絢)とのベッドシーンも描かれる。片岡は「過激に興奮するベッドシーンは、現場で音楽を流しながらホットに撮影しました。その時に流した音楽はドラマ本編でも使われている曲です。なにしろ撮る方も撮られる方も緊張感が半端ない状況だったので、そういう雑念をなくす為に音楽の力を借りました」とした上、「とにかく2人ともひたすら美しく、息を飲みました」と絶賛している。

 ドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』第6話はNHK総合にて5月24日22時放送。

『ミストレス~女たちの秘密~』第6話場面写真(C)NHK