ワシントン州に拠点を置く世界最大規模のECサイトAmazon」のCEOであるJeff Bezos氏は、月への宇宙旅行を計画している。

その計画を実現するため、彼は航空宇宙企業Blue Originを設立し、準備を進めているという。

月面着陸機の完成

このほど、Blue Originが「Blue Moon」と呼ばれる月面着陸機を開発したということが公表された。

月面で長期滞在するためには、必要な物資を大量に持参しなければならないが、この着陸機は6.5トンもの物資を、月まで運搬することが可能だという。

海外メディアによると、Blue Originは3年間かけてこの着陸機を開発し、今夏にもエンジンテストを実施する予定だ。

ロケットの開発も

Blue Originは、この着陸機以外にも、人や物資を地球の軌道を超えて輸送することができるNew Glennと呼ばれるロケットも開発しており、このロケット2021年に初めて打ち上げられる予定。

この投稿をInstagramで見る

Blue Originさん(@blueorigin)がシェアした投稿

宇宙旅行という夢へと着実に進んでいるJeff Bezos氏の、今後の動向から目が離せない。

アマゾンCEO、宇宙旅行のための月面着陸機「Blue Moon」完成を公表