レアル・マドリーが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の契約延長に近づいているようだ。スペインマルカ』が報じた。

ドイツ代表MFトニ・クロースと2023年まで契約を延長したマドリー。同選手に続くのはモドリッチになるようだ。伝えられるところによると、同選手はすでに現行契約の2020年から1年間延長することに合意。残すのはサインのみだという。

シーズンロシアワールドカップ終了後、インテルへの移籍話が浮上したモドリッチ。同メディアは同選手が「昨年と違い、静かな夏を過ごすことが許される」と伝えている。

サムネイル画像