寿司と並ぶ日本伝統のファストフードといえば、そば。昔から立ち食い業態が多いことでも、その存在感はピカイチです。価格がピンキリで、具材や食べ方も多彩。バリエーションが豊富なこの料理に関して、外国人の反応はいかに? そこで、日本に住む外国人のなかから、それぞれ出身国の異なる3名に好きなそばを聞いてみました。

 

【今回お話を伺った日本在住外国人のみなさん】

インド出身で主婦のポリー(Polly)さん(左)。メキシコ出身のディエゴ・アラマダ(Diego Alamada)さん(中央)と、スウェーデン出身のディサ・ハグストロム(Disa Hagström)さん(右)は学生。全員20代です

 

味のほかにストーリー性も。こだわりは三者三様

[その1]五目そば

ラーメンなら醤油味が好きだというポリーさんは、そばに関しても醤油の返しにキレのあるタイプがいいとか。具材に関してもこだわりがあり、特に彩り華やかな五目そばがイチオシだそうです。

「最初は具材が多くてフォトジェニックなところが好きだったけど、色んな食材が楽しめるのもイイ! 本当は5種類だから『五目』っていうみたいなんだけど、そうじゃないお店もあるし、ルールはアバウトなのかもね。お店や地方によって内容もバラバラだし、面白い文化だなって思うの。なかには五目そば自体がメニューにないお店もあるんだけどね」と語るポリーさん。

 

「たまに、ラーメン類も提供するおそばやさんってあるじゃない? そこで五目そばを注文したら、五目ラーメンが出てきたことがあったわ。お店の人は『うちの五目そばはこっち』って。『ラーメンにも五目ってあるんだー!』ってビックリしたわ。それはそれでおいしかったけど、ラーメンは普通の醤油味が好きね。だからそれ以来、私は五目そばを注文するとき、スマホの写真を見せるようにしてるの」

 

[その2]ニシンそば

日本の食べ物のなかでは、断トツラーメンが好きなディエゴさん。そのため、そばはほとんど食べないそうですが、ひとつだけ例外が。年越しそばです。その理由には、日本の文化を愛するディエゴさんの思いがありました。

「年末にそばを食べるのが日本人なんだよね。昔、ルームシェアしてた日本の友人が作ってくれてさ。一緒に食べたことがあるんだけど、あれはおいしかったなー。具材に決まりはないみたいなんだけど、その時食べたのはニシンだった。子だくさんで縁起のいい魚だからって。年越しそばも、細くて長くて切れやすいから、1年の厄を断ち切る意味での縁起担ぎだって聞いたよ」と話すディエゴさん。

 

「だから年越しはラーメンじゃなくてそばなんでしょ。素敵な食文化だよね。おいしかったし、ストーリーにも感動したから、僕はずっと忘れない。年末だけはこれからもそばを食べたいって思うよ!」

 

[その3]天ざる

日本食の好物はとんかつだというディサさん。揚げ物は全般的に好きだそうで、そばを注文する際は天ぷらかき揚げも欠かせないとか。なかでもベストな組み合わせは、ざるそば天ぷらを組み合わせた一皿。その理由は?

フライは、揚げたてのサクサク感が好きなんです。だから温かいそばにのっているタイプじゃなくて、セパレートの天ざるがお気に入り。そばの濃いつゆ自体が、天ぷらのつゆみたいなものじゃないですか。あのスタイルでそばを食べているときは、とても幸せな気分です」と言うディサさん。

 

「友人がとんかつ天ぷらを作ってくれることもあるんですけど、私はなるべく揚げたてを食べたいんです。サクサク感が大事なので。セルフのお店や学食とかでも、できるだけ揚げたての天ぷらを狙いますね。つゆに天ぷらを浸すことで具材の味が移り、つゆがさらにおいしくなるのもポイントです」

 

三者三様の、興味深い話を聞かせてもらえた今回のインタビュー。海外ではそばよりラーメンのほうが勢いよく拡大しているようですが、伝統的なそばも応援していきたいところ。また機会があれば、うどんや寿司のネタについても聞いてみたいと思います。

 

協力:LIFE PEPPER https://lifepepper.co.jp/

「ニシンそば」も飛び出した! 日本在住外国人が大好きな日本の「そば」3選