パシフィコ横浜で開催中の「人とくるまのテクノロジー2019」。日産自動車ブースの花形は、今年発売したロングレンジEV『リーフe+』の技術展示だ。「レーザー溶接で直接セルを束ねる技術を確立したことで、バッテリーの高密度配置が可能になった」というエンジニアの言葉どおり、床下に置かれる総容量62kWhバッテリーパックの中はセルでみっちり。

【大きい画像を見る】日産自動車(人とくるまのテクノロジー2019)


リチウムイオン電池はすでに素材のポテンシャルの9割を使い切っている状況で、これ以上の劇的な性能進化は見込めないため、次世代電池が出てくるまではどう詰め込むか、どう冷やすか、どう発熱させないかといった副次的な工夫の競争がメインになる。

リーフe+はその一例で、バッテリーのセル数がノーマル版の1.5倍になったことで1セルあたりの負荷は3分の2に。熱は負荷の2乗倍で効くので、計算上は1セルあたりの発熱量は半分以下になる。難産が続く電動モビリティだが、その先頭を走ってきた日産ならではの矜持がにじむ。

もうひとつの目玉、これはパネルとムービーのみの展示だが、車線変更も含めた高速道路における運転支援システム「プロパイロット2.0」。ムービーではフロントガラスヘッドアップディスプレイにどのような表示がなされ、クルマがどのように制御されるかというCGが流されていた。

ほか、プロパイロットを装備した新型軽自動車デイズ』の実車とパワートレイン、実効熱効率を高めた2リットル直列4気筒の可変圧縮比「VCエンジン」が実際にどのように動くかを見られる実物カットモデルなども見ることができる。【ほかの画像を見る】日産自動車(人とくるまのテクノロジー2019)

日産自動車(人とくるまのテクノロジー2019)