アトレティコ・マドリーは23日、元スペイン代表DFフアンフラン(34)が今シーズン限りで退団することを発表した。

2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半に渡ってチームを支えてきた。

アトレティコ退団が決まったフアンフランクラブ公式サイトで、以下のようにコメントしている。

「今日が僕にとって、アトレティコ・マドリーでの最後の日だよ。またすぐに帰ってこれることを望んでいる。ここは僕のホームだ。素晴らしい年月を過ごせたことは僕のキャリアにおいて最高なものになったよ」

サポーターが僕をこのクラブレジェンドと言ってくれることは誇りだ。クラブを助けるために戻ってくるよ。僕はクラブマンだからね」

「僕を愛して、誇りに思ってくれたすべての選手に感謝を伝えたい。彼らが僕を応援してくれる度に、僕の名前はタイトルよりとても大きな物になったよ」

サムネイル画像