最新シングル「Ahead Ahead」を4月にリリースし、バンドとしての第二章の幕が開けた雨のパレードが、アジアで大きな注目を集めている。中国・北京で開催される音楽フェスイベント「Rye Music Festival」の5月26日公演への出演が決定した。

2019年1月に、福永浩平(Vo)、山崎康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)の3人編成による新体制で新たなスタートを切った雨のパレード。バンドの世界観は変わらずに、共同プロデューサーに蔦谷好位置(agehasprings)を迎えて制作されたニューシングル「Ahead Ahead」が4月24日リリースされ、ストリーミングサービスを中心に大好評を博している。

そんな、雨のパレードの人気がアジアで急上昇中。5月頭に中国・蘇州で開催された中国最大規模の音楽フェス「Taihu Midi Festival」に出演し、観客を熱狂の渦に巻き込んだことは既に知られているが、さらに中国・北京で開催される音楽フェスイベント「Rye Music Festival 2019」の5月26日公演への出演が決定。当該イベントは、中華圏で絶大なる人気を誇る台湾の歌手「周 杰倫(ジェイチョウ)」や「蔡依林(ジョリン・ツァイ)」がヘッドライナーを飾るなど、アジアトップスターが集まる大注目の音楽フェスイベントであるだけに、そこで雨のパレードがどのような活躍を見せるのか期待が寄せられる。

日本国内だけに留まらず進み続ける、雨のパレードの第二章に注目してみてはいかがだろうか。

雨のパレード、中国・北京にて開催される音楽フェス「Rye Music Festival 2019」に出演決定