(柳原三佳・ノンフィクション作家)

JBpressですべての写真や図表を見る

 5月18日(日)、一般社団法人「万延元年遣米使節子孫の会」の総会・講演会が、東京大学の伊藤国際学術センターにて開かれました。

「万延元年遣米使節子孫の会」http://1860-kenbei-shisetsu.org/

とは、その名の通り、幕末の万延元年(1860年)に徳川幕府が初めて派遣した遣米使節(総勢77名)の子孫たちが集まった会です。

 本連載の主人公である「開成をつくった男」佐野鼎も、この使節団の一員としてアメリカへ渡り、約9カ月かけて地球を一周していました。私自身は彼の傍系の縁者として子孫の会に参加し、会員の方々と交流しながら、さまざまな活動をしているわけなのです(私の母方が佐野家の本家筋で鼎は分家筋にあたります)。

徳川家茂から届けられた「国書」

 今回の講演会には、東京大学の横山伊徳教授をお招きし、『万延元年遣米使節ゆかりの品々から見えるもの 華盛頓(ワシントン)の文物は語る』と題して、江戸幕府からアメリカブキャナン大統領に届けた条約書や国書、贈り物の数々、また帰国後に改めて贈られた謝礼品などについて詳しいお話を聞くことができました。

 豪華な装飾が施された馬の鞍や鐙(あぶみ)、柄杓、蒔絵の美しい火桶など、日米修好通商条約締結時に交わされた品々は、今もアメリカナショナルアーカイブス(国立公文書館)やスミソニアン博物館などで大切に保管されているのです。

 私も3年前、「万延元年遣米使節子孫の会」の研修旅行でワシントンを訪れた折、ナショナルアーカイブスに入館し、将軍・徳川家茂から届けられた「国書」などを特別に見せていただいたことがありました。

 2017年に徳川宗家の蔵から発見されたという銀印「経文緯武」(http://www.tokugawa.ne.jp/201808ginnin.htm)が押された実物の書面を目の当たりにしたときは、思わず鳥肌が立ちましたね。幕末、外交の最先端にいた彼らの息遣いが伝わってくるような気がしました。

 さて、この日は子孫の会の理事から、NHK大河ドラマいだてん』における史実違背問題についての報告も行われました。この一件については、本連載2回目<NHK『いだてん』も妄信、勝海舟の「咸臨丸神話」 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55538>(2019.2.20)に書いた通りですが、いったい、この番組の中で何が起こったのか? まずは当時の記事から一部抜粋してみます。

<問題のその場面は、幕末生まれの柔道家・教育者として知られる嘉納治五郎が、中村勘九郎演じる金栗四三に、外国で開催されるオリンピックに出てみないかと熱く説得するシーンでした。

 嘉納は次のように語り掛けます。

『かの勝海舟先生が日米修好通商条約を結ぶに際しアメリカに渡ったとき、日本人の使者は、ちょんまげに羽織袴、腰には刀を差していた。そりゃあ山猿と笑われただろう。たかだか50年前の話だよ……』>

勝海舟はワシントンには行っていない

『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著・講談社)や本連載をお読みいただいている方なら、上のセリフのどこに問題があるかはもうおわかりでしょう。

 そう、勝海舟はたしかに、福沢諭吉らとともに「咸臨丸」に乗って太平洋を横断し、サンフランシスコまではたどり着きました。しかし、首都・ワシントンには向かわず、そのまま日本に引き返しています。

 つまり、条約を結びに行ったのは、勝海舟ではなく、アメリカの軍艦「ポーハタン号」に乗船した、新見豊前守、村垣淡路守、小栗上野介の三使をはじめとする使節団だったのです。

 とはいえ、NHKもここで終わっていればまだ傷は浅かったかもしれません。私たち子孫の会が看過できなかったのは、この後のシーンです。なんと、上記セリフにかぶせるように、ワシントンの海軍工廠で1860年に撮られた日本の使節団とアメリカ側の高官たちの集合写真が大きく映し出されたのです。

 当然、ここで撮られた集合写真に「勝海舟先生」が写っているはずはありません。

 そこで、『万延元年遣米使節子孫の会』の理事は、この事実を指摘したうえで、NHKに対して以下の文書を送りました。

NHK様は公共放送であり、この様な歴史ものを放映されるときには視聴者に誤解を与えるようなことは決してやらないでいただきたい。確か昨年、これとほぼ同様の放映があり、そのときは厳重に注意しますと当会にお言葉を頂戴したと記憶しております。NHKの管理体制は如何なっているのでしょうか』(2019年2月12日付書面より抜粋)

 ちなみに、NHK2018年1月5日放映の『美の壺スペシャル』において、ワシントンの海軍工廠で撮られた例の集合写真を映し出し、あろうことか、「咸臨丸の遣米使節団」というテロップまでつけていたのです。つまり、この件に関する、子孫の会とNHKのやり取りは初めてではなかったのです。

 この書面に対して、NHK制作局ドラマ番組部の部長からは、下記の返信がありましたので、回答部分を一部抜粋します。

『勝海舟は咸臨丸の艦長であり使節団の一員ではないことや、条約の批准に関わっていないことは、「いだてん」の制作者も承知しております。セリフでは、勝海舟が条約の批准に際して、咸臨丸でアメリカに渡った頃の日本人全体の欧米における印象について表現したものです。ただ、当該シーンセリフに使節団の写真を被せたことで、視聴者の皆様にご指摘のような誤解を与えかねない結果となってしまったことは、申し訳なく思っております』(2019年2月25日付書面より抜粋)

「咸臨丸でアメリカに渡った頃の日本人全体の欧米における印象・・・」というのがいったい何なのかよくわかりませんが、勝海舟が使節団の一員でないことを承知しながら、あえてこのようなシーンを、しかも大河ドラマで創作することに意味があるのでしょうか?

 NHKからのこの回答書に対して、子孫の会の理事はさらに2度目の文書を送付し、2月6日の放送のセリフについて、以下のように、訂正記事を出すよう求めました。

『あの台詞で、あたかもサンフランシスコまでしか行かなかった勝海舟がワシントンに行って通商 条約批准書交換に関わったかのごとき誤解を全国の視聴者に与えている事に関し、訂正記事を同番組で出して頂きたくお願いいたします。また、遣米使節のワシントン海軍工廠前の記念写真にこのセリフを被せたことで全国の視聴者に誤解を与えた事を承知されて居られるのですから、上記と併せて訂正記事を同番組で出して頂きたくお願いいたします。(中略) NHK公共放送機関であり、若者への影響力も大であり、教育の一環であることも踏まえると、それを担保するため、視聴者に誤解を与えぬ万全の監修と考察が求められます』(2019年3月6日付書面より抜粋)

 この手紙に対するNHK制作局ドラマ番組部部長からの再度の回答は以下の通りです。

『「いだてん」第6回の嘉納治五郎のセリフについて、再度のご意見をいただきました。私どもの回答については、前回の手紙に記したとおりです。繰り返しとなりますが、視聴者の皆様に、ご指摘いただいたような誤解を与えかねない結果となってしまったことは、申し訳なく思っております。いただいたご意見は、今後の放送にいかしてまいりたいと思っております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます』(2019年4月22日

 というわけで、NHKとしては、訂正記事などは出さない方針を示してきました。

間違った記述が蔓延する「咸臨丸」神話

 一般社団法人「万延元年遣米使節団子孫の会」は、「万延元年遣米使節の果たした役割・意義を世間に正しく伝え理解してもらうこと」を活動の目的にしています。今回のNHKとのやりとりも、単なる「クレーム」ではなく、あくまでも「誰もが認める正しい歴史認識の促進」のために行ったものです。

 実は、「咸臨丸神話」に基づく同様の事実誤認は、私が個人的に確認しているだけでも、数多くの書籍、論文、また、日本各地の歴史博物館等の展示、パンフレットなどに散見されます。

 なぜ、日本人は、歴史の中からポーハタン号の「万延元年遣米使節」を消し去り、咸臨丸の「勝海舟」をインプットすることになったのか?

 その理由については、小栗上野介の菩提寺である東善寺(群馬県)の住職、村上泰賢氏のサイトを、ぜひご覧ください。(http://tozenzi.cside.com/kanrinnmaru-sinwa.html

 村上氏は、過去の教科書の記述を徹底的に調査したうえで、こう断じます。

日本人は大正7年以来、小学校の国定修身教科書で、勝海舟と咸臨丸の誇張脚色された『お話』だけを教えられて、戦後もそれが歴史だと錯覚してきたからなのです。今の歴史教科書、及び副読本から、『遣米使節』の説明に使われている咸臨丸の絵をはずす必要があるでしょう」

 これはもはや、NHKだけの問題ではありません。

 大手出版社や幕末関連の執筆者、博物館の関係者は、ぜひ一度、1860年の遣米使節についての記載に誤りがないかどうか、確認してください。この出来事は、日本とアメリカの重要な外交の1ページです。これからの若者には、ぜひ、正しい歴史を伝えていきたいと思うのです。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  幕末の「ハワイレポート」、検証したら完璧だった

[関連記事]

これが幕末のサムライが使ったパスポート第一号だ!

悲痛、現役保育士「それでも僕たちは、散歩をする」

「日米修好通商条約百年」の記念切手にも、なぜか「ポーハタン号」ではなく「咸臨丸」が登場