5月22日から5夜連続で放送されている岡田准一主演のドラマスシャル白い巨塔」(夜9:00放送、テレビ朝日系)。

【写真を見る】財前(岡田准一)の愛人・ケイ子を演じる沢尻エリカの着物姿が美し過ぎる♪

山崎豊子不朽の同名小説を原作に、物語の設定を2019年に置き換え“令和最初の大型ドラマ”として復活した本作は、岡田演じる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎が、自身の悲願である“教授の座”を目指してなりふり構わず邁進していく姿を映し出す。

今回は第一~二夜の振り返りとともに、5月24日(金)放送の第三夜の見どころを数々の場面カットと合わせて紹介する。

■ まだ間に合う!第一~二夜をおさらい

腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名をはせる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)は、義父である財前又一(小林薫)の強大な財力と政治力を最大限に使い、“浪速大学医学部第一外科教授”という悲願に向けてさまざまな工作を開始。そんな中、同期である第一内科・准教授の里見脩二(松山ケンイチ)から、胃がん再発患者のカルテを見せられた財前は誤診を指摘する。

即座に執刀を申し出るが、誤診をしたのが浪速大学医学部長の鵜飼裕次(松重豊)だと分かった途端、翻意する財前。教授選を見据えて、上層部に盾突くようなことは避ける財前に、里見は非難の目を向ける。だが、程なくして財前は里見にその患者の手術決行を宣言。患者の命を救い、誤診をした鵜飼のメンツも保つため、執刀を東に依頼。数々の謎を孕む中、第一夜は幕を閉じた。

そして第二夜では、財前が依頼した手術で、教授・東貞蔵(寺尾聰)は致命的なミスを犯す。ここぞとばかりにフォローした財前が、東の自尊心を粉々にしたことで、2人の決別は決定的なものとなった。

教授選を前に、東は財前を推薦するのをやめ、東都大学の船尾徹(椎名桔平)と共に、金沢国際大学の教授・菊川昇(筒井道隆)を擁立するため奔走。一方、財前と義父・又一は財力にものをいわせ、票獲得のために教授陣の取り込みを開始する。

出世に目がくらんだ医局員たちが暴走するなど、裏工作が激化の一途をたどる中、醜い争いを目の当たりにした患者を第一に考える里見は、医者としての良心を失っていく同期の財前に複雑な思いを抱く。

そして迎えた教授選の投票日――。突然、東が棄権する。さらに、得票数が過半数に満たず、あらためて財前と菊川の決戦投票が行われることに。

どちらにつくと有利か計算する教授たちの思惑も入り乱れ、教授選の行方はさらに混迷を極める状況に…と、決選投票を目前に第二夜は終わった。

■ “教授”財前はドイツへ旅立つ!

第三夜は、教授選で勝利した財前が人生の絶頂を迎えるところから始まる。

ある日、糖尿病の薬を見直したいという繊維問屋の佐々木庸平(柳葉敏郎)が里見のもとを訪れる。検査を重ねるうち、すい臓がんを疑い始めた里見は財前に相談、執刀を依頼する。

財前は招待されたドイツの学会に出発するまでに手術をすると宣言。担当医の柳原雅博(満島真之介)が懸念した検査も行わず、いざ始まった手術中にも生検を勧める柳原を一蹴する。

手術は無事に終了したかに見えたが、佐々木の容態が急変。そんな中、財前は招待された学会に出席するためドイツへと旅立つ。  

教授選に打ち勝った財前の前に暗雲が立ち込め…物語はますます加速していく。

■ 第三夜あらすじ

教授選でついに悲願を達成した財前は満ち足りた日々を送っていた。一方、擁立していた菊川昇が破れた東は、退官後の行き先が決まらぬまま、浪速大学を去ることに。

ある日、鵜飼が財前にドイツの国際医療外科学会からの招待状を渡す。それは、講演と新しい術式のデモンストレーションの依頼で、鵜飼にとっても財前にとっても喜ばしいことだった。

権力を手に入れるため、ひたすら上を目指す財前とは対照的に、患者のことを第一に考え、診察を続ける里見のもとに、繊維問屋を営む佐々木と妻・よし江(岸本加世子)がやって来る。糖尿病が悪化したため、薬を見直したいと言う佐々木だが、里見は検査を重ねるうちに、糖尿病ではなくすい臓がんを疑う。

里見は医者として腕を信頼している財前に相談、執刀も依頼する。信頼する里見から優秀な外科医だと紹介されたものの、尊大な態度をとる財前におじけづく佐々木。しかし、里見の後押しもあって、とうとう手術を受ける決心をする。

翌日、財前がドイツに出発するまでに手術をすることになった佐々木が入院してくる。総回診の際、担当医の柳原が、肝機能の数値と炎症反応が気になるのでPET検査をした方がいいと進言するも、財前は「必要ない」と一蹴。その様子を見ていた佐々木とよし江は、思わず里見に不安な気持ちを吐露する。里見は、万全を期すため、必ずPET検査をするよう財前に約束を取り付けるが…。

佐々木の手術の日――。順調に手術が進む中、モニターを確認していた柳原が、肝に腫大と、妙に白い部分を発見する。柳原は、生検に出すべきか相談するが、またも財前に一蹴されてしまう。後日、無事に手術が成功したはずの佐々木の容態が急変。柳原は慌てて財前を探すが、連絡が取れず、焦った柳原は里見に助けを求める。

一方、柳原からの連絡を無視し続ける財前は、愛人・ケイ子(沢尻エリカ)のバーで開かれている自身の壮行会に出席していた。そして翌朝、意気揚々とドイツへ旅立つ。ここから茨の道を歩むことになるとは知らずに……。(ザテレビジョン

「白い巨塔」第三夜では財前(岡田准一)がドイツへ…!