22日から国内合宿をスタートさせたなか、岩渕が阪口、鮫島、中島との4ショットを公開

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、6月7日フランスで開幕する女子ワールドカップ(W杯)に向けた国内合宿を22日からスタートさせた。今回が3度目のW杯出場となるFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)は、公式インスタグラムで“重鎮”のお茶目なショットを公開している。

 高倉麻子監督率いるなでしこジャパンは、10日にW杯に挑むメンバー23人を発表。2011年、15年大会に続いて3度目の出場となる岩渕をはじめ、DF熊谷紗希(リヨン)、DF鮫島彩(INAC)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、MF中島依美(INAC)らが選出された。

 22日から国内合宿をスタートさせたなか、岩渕が自身のインスタグラムを更新。本大会に向けて始動したチームの雰囲気を伝えている。

「合宿スタート!!! みんなでいい準備をできるように頑張ります 応援よろしくお願いします みずほさんふざけすぎ笑」

 “みずほさん”とはベテランのMF阪口夢穂(ベレーザ)のこと。2018年4月に右膝の前十字靭帯と内側半月板を損傷してからは、19年元旦の皇后杯決勝を除き、実戦からは遠ざかっているが、世界一に輝いた経験も評価され、W杯メンバー入りを果たした。岩渕、鮫島、中島が笑顔で写るなか、阪口はおどけた表情を見せる様子からは、長年の共闘で培った信頼と仲の良さを窺わせる。

 投稿のコメント欄には、ファンから「世界一目指して頑張ってください」「頑張れなでしこJ 頑張れブッチ」といったエールが寄せられた。

 高倉ジャパン6月2日に開催国フランススペイン女子代表と国際親善試合を行い、10日のW杯グループリーグ初戦のアルゼンチン女子代表戦に挑む。(Football ZONE web編集部)

なでしこジャパンFW岩渕【写真:Getty Images】