日本の美術館では11年ぶりの個展となる『ジュリアン・オピー』展が、2019年7月10日(水)~9月23日(月)まで、東京・西新宿の東京オペラシティ アートギャラリーにて開催される。

ジュリアン・オピー(1958-)は、イギリスを代表するアーティストのひとり。点と線という最小限の視覚言語によって、生き生きとした人物像や風景を表現する作風で知られている。作品の素材には、伝統的な絵画や彫刻の素材だけでなく、LEDディスプレイや看板など、ふだん目にする工業製品も含まれる。ありふれた素材から生み出される真新しい視覚表現が、年齢や性別、文化的な背景を超えて、幅広い層に支持される魅力となっているのだ。

Julian Opie / Walking in New York 1 / 2019

Julian Opie / Walking in New York 1 / 2019

オピーは1980年代よりヨーロッパのアートシーンで頭角を現し、その作品は世界の主要な美術館に所蔵され、現代美術を語るうえで欠かせない重要なアーティストのひとりとなっている。 グラフィックデザインピクトグラムともシンクロするオピーの平面作品は、絵画という枠にとどまらないハイブリッドな魅力に満ち溢れている。また、オピーは日本の浮世絵アニメセル画のコレクターとしても知られ、輪郭線を強調した彼の特徴的な作風には、そこからの影響を感じることができる。

開館20周年という節目の年に開催する本展は、さまざまなジャンルが融合し、グローバル化がますます進行する現代において、東京オペラシティ アートギャラリーが今後向き合うべき方向性のひとつを示すものといえるだろう。

左から Telephone(2018)、Running 1(2018)、Towers 1(2018)