ブロックチェーン技術の導入コンサルティングを行うBlockBase株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 : 真木 大樹)は、分散型取引の主要なオープンプロトコルである「0x Protocol」(ゼロエックスプロコル : https://0x.org/)が、主催するアクセラレーションプログラムである「0x Ecosystem Acceleration Program : https://blog.0xproject.com/announcing-the-0x-ecosystem-acceleration-program-89d1cb89d565」に採択をされましたのでここにお知らせ致します。


■背景と目的
BlockBaseはブロックチェーンの特性を活かした活用方法として、NFT(Non-Fungible Token、※1)は重要なテーマであると捉えており、2019年1月に取り組みを開始した当初から、必要な技術の深掘り、及びNFTへ適用されるコンテンツ等の検討を続けて参りました。

その技術検討の過程で0x Protocolは幾多ある分散型取引の形態においても優れた特徴を持ち、且つ、その技術面での活用は今後課題が顕在化するであろうNFTの流動性についても、解決の道筋の一つとなる可能性があると考えております。
※1 NFT(Non-Fungible Token):互いに代替することができない独自性を備えたトークンのこと。

■概要
この度の取り組みでは0x Protocolの正式な技術的なサポートを元に、既に公開をしている弊社サービスである、NFTのマッチングプラットフォーム bazaaar(https://bazaaar.io/)のマッチングシステムを0x Protocolを用い再構築致します。

ただし実際の公開に際しては法令上の論点整理が必要であるとも思われる為、再構築の検討の段階において0x Protocolの仕組み、及び法令上の建て付けの整理が問題の無いレベルできていることを前提と致します。取り組みの公開は2019年の夏以降を予定をしております。

■0x Protocolの特徴
・非中央集権
・流動性の向上性を目的としたリレイヤーという概念の導入
・処理の高速化
・手数料の低下

■Blockbaseについて
英首相、作家のウィンストン・チャーチルの言葉
Now this is not the end.
It is not even the beginning of the end.
But it is, perhaps, the end of the beginning.
ビジョンに掲げ、ブロックチェーン関連技術のコンサルティング業務、同関連技術を活用したプロダクトの企画・開発を事業ドメインとして、2018年9月に設立。

扱うビジネスセクターや採用する技術に制限は設けず、プロトコルチェーンと既存のビジネスの間に立ちブロックチェーン技術を使ったプロダクトのプロトタイピングを高速且つ大量に繰り返し、真に有用なブロックチェーンのユースケースを世に問い続けます。

■BlockBaseの行うコンサルティングの内容
証券性の高いトークンの発行、並びに法令上また社会的背景から金融に近接する領域(例:仮想通貨取引所開設など)に固執することなく、将来的にブロックチェーンを自社のビジネスに組み込む予定や意欲のある企業様へ以下のサービスをご提供致します。

-課題の把握とプロジェクトスコープの再設定
-現場の技術者チームを組み、プロダクトアウト的な高速プロトタイピングの実行
-チームビルドを通じ、ボトムアップ的にロードマップの策定、経営層への提案支援

ご支援先の企業様がアウトソースするのではなく、自社のリソースで当領域に自走で取り組む事ができる体制作りのサポートを行っております。

■企業概要
会社名  BlockBase株式会社 https://block-base.co/
代表者 代表取締役 真木 大樹
   取締役 山村 賢太郎
事業概要 ブロックチェーン技術・関連ビジネスのコンサルティング業務
及びプロトタイピング開発を含む、開発・企画・運用
設立   2018 年 9 月 12 日
所在地  東京都文京区本郷3丁目38−1 本郷信徳ビル7階
問い合わせ先 b_inquiry@block-base.co(担当:山村)

配信元企業:BlockBase株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ