[23日 ロイター] - 米国に住むウェルシュコーギー犬が、ボトルで作った迷路からおもちゃを探し、見事出口にたどり着くまでの動画が、ソーシャルメディアで話題になっている。

ワシントンシアトルで暮らす、コーギーのピノ。飼い主のBo Liuさんは、赤や黄や青のカラフルなボトルを立てて迷路を作り、中央におもちゃを置いた。4月9日に撮影された動画には、ピノがおもちゃを手に入れるため、ボトルを倒さないよう迷路をよちよち歩いている様子が映っている。

Liuさんはロイターに対し、迷路は当初単純だったが、徐々に複雑にしていったと話した。「ピノはこの挑戦が大好き。良い運動でもあると思う」

インスタグラムで公開された動画の再生回数は、23日までに15万4000回以上に達した。

 米国に住むウェルシュコーギー犬が、ボトルで作った迷路からおもちゃを探し、見事出口にたどり着くまでの動画が、ソーシャルメディアで話題になっている。4月9日撮影。COURTESY INSTAGRAM/FACEBOOK @PINO.THE.CORGI(2019年 ロイター)