スクリーンショット-(892)


 人間の便利なデバイスであるスマートスピーカーを使いこなすヨウムが話題に上がるなか、飼い主に音楽を聴かせないヨウムが反響を呼んでいる。

 アメリカニューヨーク州のご家庭で暮らすミスター・マグーは、おしゃべり好きで賢いだけでなく、ちょっと気まぐれなヨウムである。

 そのマグー氏がいつのまにやらスマートスピーカーの操作を覚え、飼い主の好きなフランク・シナトラの曲をがっつり止めるようになったのだ。

―あわせて読みたい―

身に覚えのない注文履歴?Amazonのアレクサで勝手にネット注文した犯人は大型インコのヨウムだった!(イギリス)
AIに指示する大型インコのヨウム、 アマゾンエコーのアレクサに「電気を消せ」と命令(アメリカ)
「部屋の電気をつけて!」と、スマートスピーカーに指示するヨウム
「ははははは、はは、ははは…」無表情に笑い続けるヨウムがちょっぴりクセになる
ヨウムの「アレックス」の脅威の足し算能力が明らかに


マグーの命令でシナトラの歌が止まる


 この日の彼がやってのけたのは、アメリカが誇る有名シンガーフランク・シナトラの曲の停止である。

 飼い主がスマートスピーカーで「ニューヨークニューヨーク」を流すと、マグー氏が何か落ち着かない様子でブツブツ言い出した。

 そしてそっぽを向くと「アレクサ!ストップ!」と命じて曲を停止。どうもシナトラは趣味ではないらしい。

スクリーンショット-(880)


飼い主女性が再生しても「ストップ!」


 静まり返った室内で「ちょっと!!私この曲好きなのよ!」とマグー氏に訴える飼い主女性。そして再び曲が流れるが・・・

 今度は伴奏の時点で「アレクサ!ストップ!」と命令し、シナトラの美声すら聴かせぬ暴挙に出た。しかもこの目線からしてかなりの確信犯であろう。

top


 AIを巧みに操作し、伝説の歌声を遮断する愛鳥に飼い主もあきれ気味。

 アレクサどころか飼い主にも容赦ないマグー氏。うまいこと翻弄されてるアレクサがこの曲をまともに流す日は来るのだろうか?

References:laughingsquid / facebookなど /written by D/ edited by parumo
追記:(2019/5/24)ヨウムの名前を訂正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274546.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

保護施設で里親を待っている間、犬や猫たちは何をしているんだろう?施設スタッフなどが撮影した動物たちの写真
世に覇者はひとり!スイカを抱えてぶちぎれる猫の表情に関する海外の反応
トルコで出会った仲良し猫ズはぎゅっと寄り添ってツーショット!猫と地元の人々との触れ合いを楽しんだ男性の旅行記
ゲートからの脱出を試みるチワワの七転八倒。その奮闘をしり目にシレーっと脱出できてしまったもう1匹の犬
森の中で静かなひと時。愛犬のアラスカンマラミュートとハンモックでゆらゆら

―動画の紹介記事―

17世紀のイギリスで軽犯罪を犯した者に行われていた「指ロック」の刑とは?
対物性愛は共感覚と関連性が?「浮き輪のおもちゃ・石橋・自由の女神」人外に恋した3人の物語。
時にキョンシーのごとく。重力の少ない月面で作業するのは超大変なんだから(宇宙飛行士)
ゲートからの脱出を試みるチワワの七転八倒。その奮闘をしり目にシレーっと脱出できてしまったもう1匹の犬
森の中で静かなひと時。愛犬のアラスカンマラミュートとハンモックでゆらゆら
「おいアレクサ!その曲はやめろ!」フランクシナトラの曲を流すと停止命令をするヨウム(アメリカ)