Image: Twitter

最強のタッグ

MacBookファンを震撼させた、16〜16.5インチサイズMacBook Proが投入されるとの。そんな噂を裏付けるように、16インチMacBook Pro将来のiPad ProSamsungサムスン)が有機ELディスプレイを供給するとの情報が、海外にて伝えられています。

The Elecが伝えている今回の情報によれば、iPad Proに関しては11インチの液晶ディスプレイモデル有機ELディスプレイに切り替わる、と伝えていますね。なお、どちらの製品に関しても具体的な登場時期については触れていません。

アナリストのミンチー・クオ氏は上記の16インチMacBook Proの予測の後、15インチ〜17インチMacBook Pro2021年前半に登場する、との新たな予測を伝えています。また、このディスプレイにはmini-LEDバックライトが用いられるとのこと。有機ELデイスプレイバックライトを必要としないので、今回の情報とは食い違っていますね。

さらに、クオ氏は新型iPad Proが今年の第4四半期(10月12月)から2020年の第1四半期(1月〜3月)に量産されると伝えています。ただこちらもmini-LEDが採用されるとのことで、どこまで情報が正しいのかは不明です。

SamsungディスプレイApple製品に搭載される…と聞くと不思議な気がしますが、実はiPhoneではすでにSamsung有機ELディスプレイが採用されています。コントラスのはっきりした美しい有機ELディスプレイMacBook ProiPad Proに搭載されれば、人気がさらに上がることは間違いなさそうですね。

Source: The Elec via MacRumors