日本時間26日に2度目の防衛戦迎える伊藤雅雪、単独インタビュー前編

 スコットランド・グラスゴーで衝撃的なTKO勝利を飾り、世界的な名声をさらに高めたボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥モンスターに続けとばかりに、世界を熱狂させる可能性を秘めている男がいる。WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪。中量級で今、海外から大きな注目を浴びる日本人王者だ。25日(日本時間26日)にフロリダ州キシミーでジャメル・ヘリング(米国)の挑戦を受ける。

 階級を問わず強さをランク付けする「パウンド・フォー・パウンド」で1位に君臨するライト級2団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に今、最も近い日本人選手であることに疑いの余地はない。昨年37年ぶりに米国でのベルト獲得に成功。好選手がひしめく階級で世界的な評価を獲得しつつある。

 爽やかな笑顔が印象的な、華のある好漢。一見しただけではボクサーには見えないが、その心の奥底にはビッグで熱い思いを秘めていた。「THE ANSWER」では伊藤を単独インタビュー。前後編に分けてお伝えする。

 ◇ ◇ ◇

 リングに上がるのは「今でも怖い」とハッキリ言う。「できれば上がりたくない」と笑う。ならば男は、なんのために戦うのか――。夢がある。高い志がある。「自分のやってきたことを残すには、恐怖を乗り越えるしかない」。伊藤雅雪という名前を残すために、恐怖と孤独を背負ったまま、己の拳一つで戦う。

 名を残す――。伊藤にとって次戦は自身の運命を大きく左右する一戦になる。勝てば歴史的なビッグマッチへの道が大きく開ける一戦だ。一方で負ければ、チャンスは大きく遠のく。重要な米国決戦へ、まずは頭で描いているイメージを明かしてくれた。

「米国の選手で黒人特有のバネがある。やったことない体型の選手。やりにくい選手ではあります。自分もこの階級では大きい方(174センチ)だけど、自分よりも一回り大きい(178センチ)。ですが、スピードは自分の方が上回っている。やってみてのギャップを埋めていきたい。あとはサウスポーですよね。唯一負けているのがサウスポーなんですよ。でも苦手ではないです。合計で5試合くらいはやっているが、全部倒していますから」

「やりにくい相手」――。相手のことを冷静に分析しながら、米国のリングで再び勝ち名乗りを受ける姿を想像しているのだろうか。表情は実に楽しそうだ。

 伊藤が今、ボクシングリングに上がっているのはある意味では奇跡なのかもしれない。幼少期から打ち込んでいたのはバスケットボールバスケ推薦で高校に進学した。

「高3でバスケ燃え尽きていました。じゃあどうしようと……。もともとK-1が好きで、魔裟斗さんが憧れでした。強いってかっこいいなって思って。親には反対されましたが、高校3年生でバイトもしていたので、自分でジムの月謝を払うと言って説得しました。いとこがたまたま近所のボクシングジムに通っていて、なら自分も高校生でプロのライセンスが取りたいなと。

 試合はする気はなかった。自分の中でK-1でもボクシングでも格闘技カッコいいなって。当時はジャンルの隔たりはなかったんですよね。近くにあったのが、キックボクシングのジムだったら……今頃キックをやっていたでしょうね」

 たまたま家の近くにあったのがボクシングジムだった。プロのライセンスをもっていれば、かっこいいから、という理由で軽い気持ちで始まったボクシングキャリア。それが世界王者の原点なのだから人生というものは面白い。

とりあえずライセンスを取って、プロボクサーを名乗りたかっただけなんです。プロテストに合格して、プロを名乗れたからもういいやと。試合をやるつもりは全くなかったんですが、スパーをやったり、ジムにいってサンドバックを打ったりすることが新鮮でした。特に目標もないままずっと練習をしていました。そうしたら試合が組まれますよね。『NO』と言えないタイプなので、1回くらいやってみようかなって(笑い)」

「他にやることがなかった」から続けていたボクシング

 ジム入門から7か月。大学在学中に迎えた2009年5月26日のプロデビュー戦。軽い気持ちで臨んだ、初めての試合のリングの印象はほろ苦いものだった。

「めちゃくちゃ覚えています。本当に怖いという思いしかなかった。とにかく早く終わってくれって。1ラウンド、2ラウンドとダウンをとって、相手は顔もすごいボコボコなのに向かってくるんです。こいつなんなんだと……。正直、ちょっとボクシングをなめてました。なんとかなるかなって思ってましたが、そんな甘い世界じゃないんだと……」

 ダウンを奪い試合は優勢に進めながらもKOは出来なかった。デビュー戦を白星で飾ったという思い以上に、相手の執念に圧倒された記憶しかない。

「次はちょっと…、もう試合はいいかなと思ってました。もともと記念だったし1回勝ったからと。だけどいつの間にか次の試合も決まっているんですよね」

 次戦は4か月後に予定されていたが、実際に2戦目に上がったのは翌年の4月だった。なぜか。試合直前に交通事故に遭ったからだ。一命は取り留めるが、右足首など複数個所を骨折。担当医からはドクターストップがかかった。これで辞められると思ったのだが、怪我が治ったらなぜか再びジムに通い始めていた。

「医者からはボクシングはもうやれないと言われたので、じゃ続けられないんだなと。でも治ったら、なぜかジムに足が向いたんです。(先代の)会長からもとりあえずジムに来いと言われていて、大学生だったので、他にやることがなかったというのもありますよね」

 本人はそう言って笑うが、いつの間にかボクシングにのめりこんでいたのだ。なんとなく始めたプロキャリアだったが、気づけば連戦連勝。デビュー10戦目で新人王を獲得するなど、2015年2月に日本スーパーフェザー級王者・内藤律樹に挑戦して敗れるまで、17戦無敗(1分け)だった。

「結局、ボクシングにハマっていたんでしょうね。今よりも間違いなくハマってました。その頃はとにかく楽しい。毎日、早くジムに行きたいという感じだった。将来とかは、全然考えてなかったんですけど、一つ一つやって、負けたら終わりだなと。新人王だってとれるとは思っていなかったですし。死に物狂いになって続けていたら、いつの間にかという感じですね」

 初黒星から半年後にOPBF東洋太平洋王座決定戦に勝利。東洋のベルトを獲得し、いよいよ世界王者への挑戦も視野に入るようになった。

「東洋チャンピオンになったくらいから、スポンサーさんとか色々な人が支えてくれて、米国にも行かせてもらいましたし。世界王者になりたいというよりも、これは挑戦はしなきゃいけないと。使命感のほうが強かった」

 そしてチャンスが巡ってきた。ロマチェンコが王座を返上して迎えたWBO世界スーパーフェザー級王座の決定戦。伊藤が一躍脚光を浴びた試合だ。初めての米国のリング。相手は同級1位のクリストファー・ディアス(プエルトリコ)。その時点で23戦全勝(15KO)、現地ではプロスペクト(有望株)として期待を集めていた選手に対して、前評判は圧倒的に不利だった。

 だが、試合後に手が上がったのは伊藤だった。ダウンも奪い大差判定での勝利。米国での日本人選手のベルト獲得は実に37年ぶりだった。

「千載一遇のチャンスですし、自分の中ではすごく慎重だった。100%の準備はしていました。初めての米国のリングでしたが、準備さえ出来ていればどこでやっても一緒だと思いました。ブーイングもあったんですかね? 気にはならなかった。終わってみれば、なんてことなかったですね」

 ただプロのライセンスが取りたくてボクシングを始めた男が、ついに世界のベルトを獲得した。しかも完全アウェーの地で成し遂げた偉業。本人は「何も変わらない」と言うが、周囲からの視線、扱われ方は大きく変わった。初防衛戦は年の瀬の12月30日。トリプル世界戦のメーンイベント地上波で放送された。

「扱われ方が違いますし、自分が憧れていた年末の舞台はこういう感じなんだなと。メインやらせてもらって、ありがたかったですし、内山さんとかも見ていたので、あそこメインでやるのは感慨深かったです」

「子どもたちの夢に、ほかの選手たちの目標になれればいい」

 かつて、K-1や、PRIDEの全盛期。大晦日といえば格闘技だった。年末のリングを沸かせる魔裟斗に、“KOダイナマイト内山高志に憧れた男が同じ舞台に上がりスポットライトを浴びた。だからこそ、自身が感じ始めた使命を口にする。

「夢は見せたいですね。ボクシングは本当に難しいスポーツだと思う。ボクシングだけで食べていくのは正直大変です。世界王者になって稼ぐ額も少しずつ変わってきた。そういうところでも、子どもたちの夢になれればいいなと思います。ボロボロになって勝っても、世界王者としてふさわしくないような生活をしていたりすると寂しいですし。子どもたちだったり、ほかの選手たちの目標になれればと」

 年末のリングで初防衛を果たし、へリングとの防衛戦では2度目の米国のリングに上がる。そしてその先には確かなターゲットを捉えている。戦ってみたい相手は? と問うと、間髪入れずにこう答えが返ってきた。

「ロマチェンコですね。あそこに絡んでいくような日本人は自分の中では夢のようなこと。そこを見ていかないと面白くない。そこに行くために海外でアピールしなきゃいけない。ロマチェンコの対象になるような選手にならないといけない。少しずつ、名前は売れてきて、伊藤というのがいるというのは認知されてきた。ここでどんな試合をするかは本当に大事になる」

 4月12日に米最大手プロモーターのトップランクと3年間の提携契約(1年間に3戦)を結んだことを発表した。伊藤のスタイリッシュボクシングスタイルが、現地でも認められているからこその契約。1階級上の統一王者と同じプロモーターになったことの意味は小さくない。伊藤は声を弾ませる。

「ロマチェンコへの道? 長くないんじゃないかと思っている。階級を戻してくるという話もありましたし、トップランクはWBOに強いというのもある。僕の方に来る可能性は十分にあります。

 僕が生き残っていれば、遠くない未来に対戦できると思っている。そこが今後の人生のキーになる。もしも決まるなら、人生のハイライトになる可能性が高いですね」

 ロマチェンコとのタイトルマッチ――。運命のV2戦をクリアした先に見えるもの、それはもはや夢ではない。(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪は中量級で今、海外から大きな注目を浴びる存在だ【写真:荒川祐史】