コンピュータウイルスに感染したノートブックが、“芸術作品”としてオークションに掛けられ、およそ1億2000万円の値が付いたと話題を呼んでいる。

英放送局BBCなどによると、「混沌の永続性」として名付けられたこのノートパソコンは、中国のインターネットアーティストと、サイバーセキュリティ会社によるコラボ作品。現在はネットに接続されていないので、ウイルスが拡散することはほとんどなく、「歴史的脅威のカタログ」のようなものと位置づけているという。

感染しているマルウェアはWannaCry、ILoveYou、MyDoom、SoBig、DarkTequila、BlackEnergyの6種で、サイバーセキュリティの専門家たちから注目を集めているとのこと。

ネットでは「どれだけ損害を被ったことか」「(落札する)1億円が惜しければ、ウイルス対策ソフトを切ってネットをすればいいだけ」「愚かだ」「このオークションもウイルスの仕業では……」といった声が上がっている。