2019年5月25、26日の2日間にわたり、東京ビッグサイト・青海(あおみ)展示棟(東京都江東区)で、アナログゲームイベントゲームマーケット2019春」が開催される。


今回の開催から会場が東京ビックサイトの青海展示棟になることもあって、公式サイトには意外な注意喚起が掲載された。22日に「来場者のみなさまへ 注意喚起」として、最寄駅について「『青海』徒歩4分」などと説明した上で、

「青梅ではございませんのでくれぐれもお間違えのないようにお願いします」

と呼びかけたのだ。

東京都の北西部にある青梅(おうめ)駅と間違えないようにしてほしいと、ページ上の冒頭と末尾で2度にわたって注意喚起を呼び掛けた。

「間違えてしまう可能性はゼロではありません」

運営側の入念な注意喚起を受けて、ツイッター上では、

「『青梅』と『青海』で間違わないようにしないとですが、ややこしいので『東京テレポート駅』で覚えましょう」
ゲームマーケットの告知、『会場最寄り駅は青梅ではありません』って二度表記しているのがじわじわきてしまう」
「あえて青梅でゲームマーケット開催するのありなんじゃないか?説」

といった声が上がり、注目を集めている。

ゲームマーケット事務局の担当者は24日、Jタウンネット編集部の取材に応じ、入念な注意喚起について、

「よくアイドルの方が間違えたという話が言われているように、実際に青梅と青海を間違える方が多いので入念に注意喚起しています」

と説明。担当者がネット上の投稿を確認してみても、「意図せずに表記を間違えている人が多い」とした。

前回までの開催時は開場が東京ビックサイトの「西3、4ホール」。今回から会場が青海展示棟となることもあって、間違えて前回会場に行ってしまう人が多いのではとの懸念もあり、今回のような入念な注意喚起になったという。

「間違えられてしまうと、(青梅から青海まで)2時間近くかかってしまいます。都内の方は『そんな馬鹿な!』と思われるかもしれませんが、地方からいらした方が間違えてしまう可能性はゼロではありません。せっかくのイベントなので楽しんでもらえたら」(担当者)


念には念を入れて、ゲームマーケットの会場は青梅ではない、青海だ。くれぐれも間違えのないようにして、イベントを存分に楽しんでもらいたい。

ゲームマーケット2013の様子(Stealth3327さん撮影, Wikimedia Commons