画像は公式サイトをキャプチャ

北方領土をめぐる発言で日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員が5月24日、体調不良を理由に衆院議院運営委員会理事会を欠席した。

報道によると、丸山氏から提出された診断書には、病名は「適応障害」で2か月の休養が必要と記されていたという。国会の聴取を欠席したことについてネット上で賛否の声が出る中、脳科学者の茂木健一郎さんが同日、自身のブログで見解を述べた。

「(この件について)さまざまな議論が起こっている。私は、筋論としては、特段の事情がない限り、提出された診断書、そしてその根拠となっている医師の判断を尊重するのがまず第一だと思う」

一方、精神科医・香山リカストレス因は自ら招いたもので、議員なら対応すべき範囲内」

茂木さんは、丸山議員に対して、「これまでの言動や今回のことについての報道でさまざまなイメージをもたれている方も多いだろうけれども、それと、今回の『適応障害』の診断は切り離して考えるべきだと思う」とコメント

"医師"という専門性を尊重することと、診断書を信頼することが「第一の『筋』」として、「それ以上の詮索は、特段の事情がない限りすべきではないと思う」と主張した。ただ、

「もちろん、以上のことと、丸山さんの議員としての資質は別で、これは、本来、選挙を通して判断されるべきものだと考える」

と綴っている。

一方、精神科医の香山リカさんは同日、「精神疾患の診断書をこういう形で使われるのは心外」とツイッターに投稿した。ほかの適応障害の患者が「逃げたいときには病気と偽装できる」と誤解される可能性があると指摘。

「適応障害とのことですが、ストレス因は自ら招いたもので、国会議員なら対応すべき範囲内です」

コメントしていた。